2019/11/081 Shares

4年ぶりのアイアン・メイデン来日決定!前回見逃しているので、今回は行きたいと思います^^

Legacy of the Beast

前々から噂はされていましたが、アイアン・メイデンの来日が発表されました。2020年5月に来日するということで、期待をして、なんとかチケットをゲットしたいと思います。

アイアン・メイデン来日の流れ

今回の来日の経緯においては、先週末伊藤政則さんがご自身のラジオ番組で今週は色々と発表がありそうだとおっしゃっていて、大物が来そうだという期待がすごくありました。メイデンさんがその伊藤さんの発言をツィートされていました。

個人的にはドリーム・シアターが発表かなあと思っていましたが、その後アイアン・メイデンが公式アカウントでオーストラリア公演を発表しました。

このツィートで日本に来るということがほぼ明白になりました。というのは、海外のアーティストはオーストラリアとニュージーランド公演をしたあとというのは、大体に日本に来るからです。最近の例だと、ローリング・ストーンズのオーストラリア公演が決まったあと、日本公演が発表されました。

実際にオーストラリア公演が発表になったのが、11月7日。素子で本日11月8日にアイアン・メイデンの公式アカウントで日本公演が発表されました。

日本のプロモーターは前回の来日公演同様クリエイティブマンプロダクションです。クリエイティブマンプロダクションからも発表されました。

現在発表されている内容な次のとおりです。

2020年5月19日(火)ぴあアリーナMM
OPEN 18:00/START 19:00
プレミアムシート¥20,000、指定席13,000

2020年5月20日(水)ぴあアリーナMM
OPEN 18:00/START 19:00
プレミアムシート¥20,000、指定席13,000

2020年5月22日(金)大阪会場は後日発表
OPEN 18:00/START 19:00
プレミアムシート¥20,000、指定席13,000

ぴあアリーナMMはどこにあるのかというと、みなとみらい21の場所だそうです。

アイアン・メイデンの公式サイトが今回のツアーのプロモーション動画をアップしていたので、貼っておきます。

SNSでアイアン・メイデン来日のニュースをチェック

アイアン・メイデン来日 2020

アイアン・メイデンの人気は本当にものすごいものがあって、実際にファンは大喜びです。「アイアン・メイデン来日」でツイッターをチェックしてみました。まずは僕のツィートから。

僕も絶対行く!!!!

これは行かないと絶対に後悔すると思いますね。僕が後悔したし、前回行けなくて。

こんな感じで、ファンは大喜びです。

アイアン・メイデンと僕

アイアン・メイデン来日 2020

僕はもうあと2年で還暦ですから、アイアン・メイデンのメンバーはほぼ同世代だし、彼らがデビューしたときから知っています。ただ、アイアン・メイデンが登場したときは、僕はレインボーやマイケル・シェンカーとかに夢中だったこともあり、ファーストアルバムは聴いたけれども、それ以降は完全にスルー状態でした。

ところが4年前に来日したときに、アルバムThe Book of Soulsを聴いて、びっくり。こんなに素晴らしい世界観とブルース・ディッキンソンのボーカルがあまりにも良くて、40年近くアイアン・メイデンのことをスルーしてきたことを思いっきり後悔しました。

たしかに、アイアン・メイデンは何回かメンバーチェンジをしているけれども、主要メンバーはずっとバンドにいるし、それも40年もずっとトップバンドでいるということは、本当に驚異的なことだと思うんですよね。一般的にハードロックのバンドはリッチー・ブラックモアやイングヴェイ・マルムスティーンのようにワンマンの人が多いので、メンバーチェンジは激しくて、結局自分自身も潰れてしまうことがほとんどだったんだけど、その点、アイアン・メイデンはスコーピオンズやデフ・レパードのように長期間ずっとやり続けているということは、ものすごいことをしているということだと思うんですよね。

僕はここ数年長い間バンド活動をしているバンド、例えば、ドリーム・シアター、スコーピオンズ、デフ・レパードを見てきましたけれども、彼らに共通しているのはバンドの一体感で、ものすごいパワーなんですよね。スコーピオンズとか、結成50年だからクラウス・マイネもルドルフ・シェンカーもおじいちゃんなんです。でも、ライブとかやるとものすごいパワーで、見てる方は圧倒されちゃう。そういう体験はドリーム・シアターでも、デフ・レパードでも体験しました。

アイアン・メイデンはまさにスティーブ・ハリスとブルース・ディッキンソンを中心にずっと活動してきたわけで、これはものすごくいいものを体験できると思うので、今から楽しみにしてるところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう