2019/01/3120 Shares

2018年クリスマスフランス弾丸旅行 羽田空港〜パリ到着まで

オペラ座ガルニエ宮

2018年クリスマスに4泊6日でフランスのパリに行ってきました。ここ数年何回かフランスに行く機会があるのですが、今回もとても濃密な旅行でした。初回は、羽田空港からパリ到着まで。パリのCDG空港からはタクシーでパリに入ったのですが、夜景の中のオペラ座ガルニエ宮の美しさは、素晴らしかったです。

羽田空港からの出発

うな重食前

 

まずパリに行くと、当分和食が食べられなくなるということもあり(と言っても数日ですが^^)、地元の銘店でうなぎの出前をお願いしました。ここのうなぎは、とても美味しいうなぎですが、あまり安くもないということもあって、頻繁に食べることはできません。でも、翌日から海外という大義名分もありまして、出発前日に出前をお願いしました。うなぎは黙々と食べて、しっかり完食。

うなぎ食後

ごちそうさまでした。

そして、就寝して翌日は羽田空港に向かいました。飛行機が午前11時過ぎの飛行機ということもあり、9時位に到着するべく出発。

全日空 出国カウンター

羽田空港では全日空のカウンターでイケメンくんが対応してくれました。男性の受付って珍しいですよね。初めてでした^^

その後時間はたっぷりあるので、江戸小路を軽く散歩しました。

江戸小路01

国際線ターミナルということもあり、外国人が誤解するくらい日本らしさを強調してます笑

江戸小路02

でも、雰囲気があっていいですよね。嫌いじゃないです。

江戸小路03

そのあと、飛行機が出発するまで全日空のラウンジで軽く腹ごしらえをしました。ただ、後で写真を見てみると、炭水化物ばっかりですね^^

全日空ラウンジ パスタ カレー

春巻きとサンドイッチ。このサンドイッチが結構シンプルで美味しくて、おかわりをしました。

全日空ラウンジ サンドイッチ 春巻き

そして締めのラーメンをいただき、ゲートに向かいます。

全日空ラウンジ ラーメン

出発ゲートに来ると、もうかなりの人が並んでいました。NH215便でパリに向かいます。12時間の旅です^^出発ゲート

飛行機はもちろん空港に来ていて、ボーイング787です。

ANA ボーイング787

飛行機内にて

今回パリに行くにあたっては、色々と調べたりして、最終的には日系の全日空にしました。飛行機の座席は、ビジネスはさすがに高くて買えませんが、年齢的に12時間のエコノミーは一度懲りているので、プレミアムエコノミーにしました。座席はこんな感じ。

ANAプレミアムエコノミー 座席

ボケて申し訳ないのですが、僕の拳がだいたい3つほど収まる感じなので、かなり籍は余裕がありました。これは長時間飛行機に乗ってると大変助かります。実際にずっと座っていると、足が腫れたり、変な感じなります。本当にエコノミー症候群といいますけど、怖いので、これだけゆっくりしていると安心です。

ANA客室乗務員

飛行機に乗ると、プレミアムエコノミーのエリアの前の部分で客室乗務員さんが集まって何やら深刻なお顔で打ち合わせをしてました。お客さんとのトラブルがあったっぽい。大変ですねえ。

食事を配るANA客室乗務員

その後飛行機は離陸し、客室乗務員さんがお腹をすかしている我々のためにご飯を配ってくれました。

機内食は、牛すきやき丼が出ました。実は僕はあまりANAの機内食は美味しいとは思わないのですが、今回はえ!というくらい美味しかったですね。何か改良したのかな。何れにせよ美味しくいただき、満足でした。

牛すきやき丼01

相変わらず炭水化物多し。牛すきやき丼の蓋をあけるとこんな感じ。見た目も結構美しいですよね。

牛すきやき丼02

食後にデザートのカッチカチのハーゲンダッツ。こういう食事の後にアイスクリームは嬉しいです。

カッチカチ ハーゲンダッツ

フランス行の飛行機というのは、羽田空港からですと、まず北上してから東北のあたりで左に曲がってヨーロッパに向かいます。そのため、飛行時間の殆どはロシア上空ということになります。だいたい10時間近くはロシア上空だと思います。そんな折、飛行機の外を眺めてみると雪山が見えて、美しい。これだけ雪が積もっていたら、まず人間は住めないだろうし、色々な動物が生息しているんだろうなあと思いながら、延々に続く雪山を眺めていました。

ロシア 雪山

走行しているうちにおやつのパンが配られまして、

ANA おやつ パン

飛行機内のマップを見ると、ここで7時間程度飛行機に乗っていることがわかりました。

ANA MAP フライト情報

そして2回目の食事が出て、僕は和食。相方は洋食をセレクト。

ANA 2度目の食事 和食

ANA 2度目の食事 洋食

それなりに美味しくて、食べていると、飛行機はフランス国内に入った模様で、マップを見ると、もうすぐパリでした。遠かったなあ。

ANA MAP

機内では長時間ということもあり、寝てばかりはいられないので、そのためのエンタメの存在は大きいと思います。ネットが簡単に使えればいいのですが、飛行機のネットは低速だし、コストも高いので使う気にもなれません。そのため、映画は結構重要な存在なのですが、こちらは最新作に近い作品も多数ありましたので、僕は「関ヶ原」と「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を見ました。関ヶ原はキャスティングとストーリー展開はどうかなあと思いました。期待したのに残念。「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は、広瀬すずの演技がすごく良かったですね。

CDG空港到着パリ市内へ

CDG空港に到着すると、入国手続のためひたすら進みます。

CDG空港

この真っ白い壁のエスカレーターに乗ると、ああ、パリに来たなあという感じがします。ここを越えると、イミグレーションがありまして、結構長蛇の列です。

CDG空港 イミグレーション

長いですけれども、日本人のフランス入国はそれほど問題もなく、受付のポリスがパスポートの写真を見て顔を照合する程度です。

CDG空港 エスカレーター

入国手続をすると、近未来的なトンネルのようなエスカレーターにのり、タクシー乗り場に向かいます。CDG空港か「LE BUS DIRECT」と「ロワシーバス」があり、バスもオペラ座に泊まってくれるのですが、やはり治安という点で不安だし、CDG空港からパリへのタクシーは定額ということもあり、安全、早いということもあってタクシーを利用することにしました。

ミュージアムパス

また、パリ観光に必須のパリミュージアムパスを空港で購入しました。このパスがあると、決められた期間であれば、自由に美術館などに入場できる大変オトクなチケットです。以前は日本で購入していましたが、やや割高感は否めないということもあって、空港で買いました。

パリ到着!

すぐにタクシーの乗ると、CDG空港は夕方でしたので、夕焼けがきれいでした^^

CDG空港

フランスは高速道路などもかなり網羅しているのですが、とにかく渋滞がひどくて、タクシーの運転手さんも色々な手段で道を選んでいました。結局タクシーは、悪名高いパリ北駅周辺を通過しました。治安が悪いということで有名なパリ北駅ですが、タクシーから見るといわゆるシテ島周辺と比べるとかなり違う感じ。

パリ北駅周辺01

パリ北駅周辺02

アジア系のお店が結構多いですね。東京でいうと、昔の大久保周辺という感じですかね。そのままタクシーは、僕らが宿泊するオペラ座周辺に到着。眼の前にオペラ座が見えると、異様な感動が胸の中に湧いてきました。

オペラ座

今回宿泊するホテルは、「インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン」です。

このホテルに関しては、以前ブログでもご紹介しましたけれども、

2018年クリスマスにパリに行ってきて、最も素晴らしかったのは宿泊したインターコンチネンタルホテル パリ ルグランでした

個人的にはナンバーワンホテルでした。でも、「インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン」はとても高価なホテルですし、そう簡単に泊まれるホテルではないのですが、今回、ずっとブッキングドットコムをチェックしたら、お得なキャンペーンに遭遇しました。

インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン(ブッキングドットコム)

早速チェックインをしましたが、伝統のあるホテルという感じで素晴らしいです。

インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン ロビー

ホテルにはさすがフランスという感じで、絵画が色々飾られていました。

インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン 絵画01

インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン 絵画02

インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン 絵画03

また、時期的にクリスマスということもあり、ツリーなどの飾りも素晴らしかったです。

インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン クリスマス

階段の取っ手にクリスマスの飾りもあり、美しい。華やかですよね。

インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン クリスマス02

この日の夕飯ーレオン・ド・ブリュッセル

レオンドブリュッセル

夕飯は、特にごちそうということでなくてもいいので、チェーンレストランの「レオン・ド・ブリュッセル」にしました。ホテルからもすごく近いし、コストもそれほど高くないということもあって、ここにしました。

何を食べたかというとフィッシュ・アンド・チップス笑

レオンドブリュッセル フィッシュ・アンド・チップス

レオンドブリュッセルだったら、ムール貝だろという人は多くいると思うのですが、やはり海外で貝でお腹を壊すのは嫌だなあと思ったからです。もちろん火を通していれば大丈夫だということはわかるのですが、僕もあまり若くないので、貴重な時間を体調不良で費やすのは嫌ですし。フィッシュ・アンド・チップスは、結構大きいものでしたが、あっさりして食べられました。

インターコンチネンタルホテル・パリ・ル・グラン

ご飯を食べた後は、短い距離でしたが、肌でパリの空気を感じながら、ホテルに戻りました。こちらがホテルの建物。眼の前はオペラ座です^^

この記事関して、動画にまとめてありますので、ご興味のある方はぜひ^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう