4 Shares

キング・クリムゾン来日公演観戦記Uncertain Times Tour セットリストが最高だった2018 年12月18日

キング・クリムゾン来日公演観戦記Uncertain Times Tour 2018 12月18日

僕にとっては最後のキング・クリムゾンのライブに参加してきました。今回のキング・クリムゾンジャパンツアーの東京公演は追加公演を含めると7回中5回観たことになります。2018年12月18日のキング・クリムゾンのライブは、個人的にセットリストが最高でした。

Uncertain Times Tour セットリストが最高だった2018 年12月18日

2018年12月18日のセットリストは、曲のテンポが良かったので、楽しむことが出来ました。特に良かったのは、1部の最後に演奏したIsland。それと、2部のスターレスから21世紀の精神異常者の流れは完璧でした。あと1部で4曲目にEpitaphのイントロがかかったときにはぐっと来ました。

【1部】

  1. Banshee Legs Bell Hassle
  2. Indiscipline
  3. The ConstruKction Of Light
  4. Epitaph
  5. Neurotica
  6. The Letters
  7. Radical Action
  8. Radical Action III
  9. Meltdown
  10. Radical Action II
  11. Level Five
  12. Islands

【2部】

  1. CatalytiKc No.9
  2. Peace – An End
  3. Discipline
  4. Cirkus
  5. Larks’ Tongues In Aspic, Part Two
  6. Fallen Angel
  7. One More Red Nightmare
  8. Moonchild
  9. Bass, Guitar & Piano Cadenzas
  10. The Court Of The Crimson King
  11. Starless

Encore:

  1. 21st Century Schizoid Man

 

Uncertain Times Tour  2018 年12月18日をSNSでチェック

まずは、僕のインスタから。

あのテリーボジオ氏が日本に来ているらしい。

まさかのRedとEasy Moneyなしでした。これは結構意外。

確かに今回のキング・クリムゾンはうるさかったけれども、それはそれで音楽をしっかり堪能するという点では良かったです。

個人的には最高のセットリストでした

冒頭にも書きましたけれども、12月18日のセットリストはとても良かったです。前半でEpitaphが演奏されて、1部の最後はIslands、そして2部でも一番最後に演奏されたのがStarlessだったので、アンコールは21世紀かなあと思っていたら、案の定ぴったりでした。

キング・クリムゾンは当たり前のことですが、あのフレディ・マーキュリーも生み出すのに苦しんで自分を追い詰めた音楽のオリジナリティを完全に確立しています。だからこそ、キング・クリムゾンではあるのですが、他のアーティストがキング・クリムゾンのカバーをしようが、それはカバー以外しかありません。キング・クリムゾンが演奏するからStarlessに価値があり、Epitaphに価値があり、21世紀に価値があると思うのです。僕は今回のキング・クリムゾンを5回も見ることができて、本当に幸せでしたね。素晴らしい演奏を見ることができて、最高でした。

また、次のツィートのように

本当にすごかったです。キング・クリムゾンは、ロバート・フリップを見てみたいという気持ちもありましたが、トニー・レヴィンも見たいと思っていたので、すごいプレイでした。

今回の席もSS席が買えずにS席だったのですが、ちょうどステージの中央ということもあり、音響がすごく良かったです。また、ステージ全体を見ることができるので、まるで大きな画面でDVDとかを見ている錯覚に陥るほどでした。

通常僕が行くようなライブというのは、最初から最後まで立ちっぱなしでお祭り騒ぎをしているようなことがほとんどなのですが、流石にキング・クリムゾンはゆっくりじっくり見ることができたし、あれだけ音が良ければ演奏される音楽を体で吸収できればいいかなあと思うほど、席から近くなくても良かったかもと思ったほどでした。

キング・クリムゾンはスタジオ・アルバムは出さずにライブを中心に続けていくとキング・クリムゾンのマネージャーがロイヤルパッケージでも言っていましたが、そういう言葉が十分納得できるパフォーマンスでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう