218 Shares

3年前に見逃したデフ・レパード。今回は『ヒステリア』全曲再現ライブ! 「HYSTERIA & MORE」ということで参加することに来ました

DEF LEPPARD HYSTERIA & MORE 01

前からジャーニーと来るんじゃないかと言われていた、デフ・レパードですが、単独来日公演が決定しました。しかも今回は『ヒステリア』全曲再現ライブ! 「HYSTERIA & MORE」開催!ということで、あの歴史的な名盤『ヒステリア』全曲再現というのは、ちょっと楽しみにしたいところです。

デフ・レパード『ヒステリア』全曲再現ライブ! 「HYSTERIA & MORE」の概要

今回ウドーから発表されている概要は次通りです。

<DEF LEPPARD HYSTERIA & MORE>

●2018年10月24日(水) 東京・日本武道館
18:00 open/19:00 start
【料金】
S ¥14,000(アリーナ席・1F席・2F席[座席指定]/税込
A ¥13,000(2F席ステージ後方[座席指定]/税込)

【チケット一般発売】
6月23日(土) 10:00 〜

DEF LEPPARD のチケット情報(日本武道館)
icon

【お問い合せ先】
ウドー音楽事務所 03-3402-5999

●2018年10月26日(金) 大阪・Zepp Namba
18:00 open/19:00 start
【料金】
¥14,000(1F[スタンディング・入場整理番号付]、2F[座席指定]/税込)
※入場時にドリンク代別途必要

【チケット一般発売】
6月23日(土) 10:00 〜

【お問い合せ先】
大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506

●2018年10月29日(月) 名古屋・Zepp Nagoya
18:00 open/19:00 start
【料金】
¥14,000(1F[スタンディング・入場整理番号付]、2F[座席指定]/税込)
※入場時にドリンク代別途必要

【チケット一般発売】
7月7日(土)10:00 〜

【お問い合せ先】
CBCテレビ事業部 052-241-8118

しかも今回は、ものすごいチケットが発売されていて、なんと1枚90,000円というすごいもの。ちなみにこちらの概要はこちらです。

Meet & Greet パッケージ ¥90,000(税込)
■以下の特典が含まれます。
公演チケット
¥14,000(税込)
日本武道館:アリーナ前方センターブロック5列目以内
Zepp Namba Osaka:2F指定席
Zepp Nagoya:2F指定席
フォトセッション
来日メンバー全員とあなたの記念写真をプロのカメラマンが撮影します。(お一人様1枚)
※写真は後日、専用サイトにアップロードします。各自ダウンロードください。
Meet & Greet パッケージ特別限定グッズ
詳細は決定次第ご案内致します。
お客様とアーティストの安全を守る為、申込者と来場者が同じかどうか、ご本人様確認を行ないます。
パッケージ実施日は、マイナンバーカード・運転免許証・パスポートのいずれか、顔写真付き公的証明書を必ずご持参ください。
いかなる理由においても、これら公的証明書をご持参いただけない場合はご参加いただけません。
Tour パッケージ ¥30,000(税込)
■以下の特典が含まれます。
公演チケット
¥14,000(税込)
日本武道館:アリーナ前方15列目以内
Zepp Namba Osaka:1Fスタンディング整理番号200番以内
Zepp Nagoya: 1Fスタンディング整理番号200番以内
Tour パッケージ特別限定グッズ
詳細は決定次第ご案内致します。

すでにチケットぴあで発売中です。

DEF LEPPARD | VIPパッケージ受付
icon

すごいの一言です。

ツィッターでデフ・レパード来日についてチェックしてみた

DEF LEPPARD HYSTERIA & MORE02

デフ・レパードとなると、相当な大物ですから、ファンは結構大騒ぎです。まずは招聘元のウドーのツィートです。

次にファンの声をご紹介。

もちろん、公式アカウントもツィートしてます。

僕がデフ・レパードを見に行こうと思った理由

DEF LEPPARD HYSTERIA & MORE03

僕にとってデフ・レパードはアイアン・メイデンと同様に全く手付かずのバンドでした。曲は知っているけれども、特にライブまでは行くことはないかなあと思っていたのですが、3年前に来日したときに日本を席巻した模様はチェックしていて、これは今度来日したら行くしかないとずっと思っていたからです。その時のブログが、

デフ・レパード最終公演@仙台は、ファンを魅了したようです。いいな^^

4年ぶりに来日したデフ・レパードのセットリスト@日本武道館がわかりました。感動的なステージだったようです。

というもので、日本中を席巻しました。

やはり、デフ・レパードというバンドは、途中でヴィヴィアン・キャンベルが加入しましたけれども、主要となるメンバーはずっと固定してるということは、ライブを見なくても、バンド感が半端ないというのはよくわかります。ロックバンドの状態は、2つに分けられて、一つは強烈なメンバーが一人いて、他のメンバーはその人のバックバンドのメンバーに過ぎないというケース。これはディープ・パープル系のワンマンバンドはだいたいこのパターンに当てはまります。特徴はバンドのメンバーが安定しないけれども、強烈な個性はひかっているというかんじ。ただ、バンドとして安定してないので、バンドの音楽として聴くとアンバランスな感じになります。

一方でローリングストーンズや、スコーピオンズ、ドリーム・シアターとかはほぼ主要なメンバーがいるので、バンドとして安定感があるし、何よりもバンドの音楽としてそれぞれのメンバーの力量が安定してることもあり、聴いててとても心地よいということになります。デフ・レパードはまさに後者で1970年台後半に登場して、ずっとトップバンドとして君臨しています。しかも今回は、デフ・レパードの最高傑作とされているヒステリアの完全再現ということもあり、これは今からでも待ち遠しいライブです。今からすごく楽しみです^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう