2016/06/060 Shares

なんとデビッド・ボウイ死去のニュースが入ってきました。残念で残念で仕方がありません。

デヴィッド・ボウイ死去のニュース

あまりにも唐突なニュースが、入ってきました。デヴィッド・ボウイが今日ガンのために亡くなりました。享年69才。18ヶ月ほど闘病生活をしていたとのことですが、昔から知っているということもありショックです。今回は個人的な忘備録として残したいので、記事にすることにしました。

デビッド・ボウイの公式Facebookページでデヴィッド・ボウイの死を報じた

まずは、デヴィッド・ボウイの公式Facebookページでデヴィッド・ボウイが亡くなったことをアナウンスしています。まずはそちらをご紹介します。

January 10 2016 – David Bowie died peacefully today surrounded by his family after a courageous 18 month battle with…

Posted by David Bowie on 2016年1月10日

このアナウンスに対して、多くの人がlikeをして、シェアをして、コメントをいれています。それはもうこれだけ偉大なアーティストの死ですから、ちょっと大変なこととしか言いようが無いし、ショックです。

ツィッターでのデヴィッド・ボウイ死去のニュースがどのように受け止めれているか

デヴィッド・ボウイ死去のニュースを受けて、ツィッターでチェックをしてみると、

とにかくニュースがあまりにも唐突なので、絶句している人がほとんどでした。紹介しますね。

https://twitter.com/GLRFRP/status/686473770895187968

https://twitter.com/smoke_320/status/686473726754336768

あまりにも衝撃的で、声も出ないという感じです。

デビッド・ボウイと僕

僕は大体来日アーティストはライブを見てきているのですが、デビッド・ボウイはないんですよね。僕はハードロックが好きだったので、やや縁遠かったこともありますけれども、やはりかっこよかったし、Let’s Danceは名盤でした。

あとはミックジャガーとのジョイントも素晴らしかったです。Dancing In The Street。ミック・ジャガーとあれだけ対等に渡り合えるミュージシャンというはあまりいないと思いますね。

あとフレディ・マーキュリーとも共演をしてますね。この二人はすごい。

デヴィッド・ボウイが偉大であったのは、誰もが知っているところで、ミュージシャンの他に俳優も見事に演じていますが、やはりミュージシャンとしての偉大さと言うのは、この人ならではなのかなと思うのです。なんといっても、結果的に遺作になってしまいましたが、

1月8日に発売されたニューアルバムは、70近くにしてここまで前衛的になるの?というくらいのかっこよさで、ファンにおもねるのではなく、ファンがおもねてしまうところにデヴィッド・ボウイの偉大さがあったんだと思いますね。

ちょっとショックで言葉になりませんが、僕はあなたの音楽で随分幸せになりました。本当にありがとう。ご冥福をお祈りします。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう