0 Shares

キング・クリムゾン観戦記2021年12月5日@Tachikawa Stage Garden(立川ステージガーデン)

スポンサーリンク

キング・クリムゾン2021年12月5日@Tachikawa Stage Garden(立川ステージガーデン)

12月2日のキング・クリムゾン大阪公演を観たあと、2泊3日京都観光をした翌日、旅行の疲労感でぼろぼろになりながらも、立川のステージガーデンにキング・クリムゾンを見に行ってきました。立川ステージガーデンは、思った以上に駅から遠くて、しんどかったですが、ライブでは色々とびっくりするようなことが起きて、ライブならではだなあと思いました。

スポンサーリンク

異例とも言えるキング・クリムゾンのセットリスト@立川ステージガーデン

今回の立川公演ではかなり意外な展開がありました。詳しくはこの記事の最後の方で書きますけれども、ライブ初お披露目であったり、これでいく?みたいなセットリストで、すごいなあと改めて思った次第です。まずは注目のセットリストをどうぞ。

SNSでこの日のライブを振り返ってみる

それでは早速ですが、立川でのライブ、ファンの声を集めてみました。

僕も全く知りませんでした。

素晴らしいステージでした、たしかに。

https://twitter.com/abitmoreofyou/status/1467463930700525568?s=20

これは本当にサプライズでしたね。

https://twitter.com/shumachermaikoh/status/1467464647553187844?s=20

やや、大げさかなあとは思いますが、すごいステージでしたね。

https://twitter.com/T_StageGarden/status/1467062853970853893?s=20

会場の担当者のツィートって珍しい。

久しぶりにサプライズの多かったキングクリムゾンライブ@立川公演

冒頭のセットリストをもう一度ご案内しますが、

King Crimson Setlist TACHIKAWA STAGE GARDEN, Tachikawa, Japan, Music Is Our Friend 2021

立川公演は、意外性が多いキング・クリムゾンのライブでもかなり意外性の多いライブでした。個人的にはライブのアンコールか一番最後に演奏されることの多い21st Century Schizoid Manが1部で演奏されたこと。2つのPeaceが演奏されたこと、アンコールが2曲演奏されたことなどでした。特に1部21st Century Schizoid Manが演奏されて、これでどうしちゃうのと思ったし、何よりも2部の一番最後がLevel 5で終わったというのもなるほどという感じではありました。僕が知っている限りでは、キング・クリムゾンは一番最後にはメジャーで、かつ、ヘビーな曲を演奏する傾向があるので、1部と2部の最後の曲というのが、選び方が深いなと改めて思った次第です。

ちなみに1部が終わった直後の僕のツィートがこちら。

ライブが終了直後のツィートがこちら。

その後中央線に乗って帰宅途中にツィートしました。

いずれにせよ、こういうことが可能なのは、ライブを徹底して行っているキング・クリムゾンならではだと改めて思った。おじいさんとか言うバカが居るけど、関係ない。ずっとやってれば、職人ですから、すごいことができて当たり前なんですよね。あと2回こういうのが見れるのは楽しみです。