0 Shares

AKB48あっちゃん卒業の件

昨日の夜9時のNHKニュースを見ていたら、井上あさひアナが今日は秋葉原でAKB48の前田敦子さんが卒業しましたというニュースを読み上げていて、正直びっくりしました。隣で大越キャスターが憮然としていましたが(NHKでこんなことを報道するなよということなんでしょうけど)、日本一のアイドルの卒業ですから、これは大ニュースといえば大ニュースです。

僕も50になっていまだにAKBは騒いでいて、友人は人のことをロリコンだとかなんだとか言ってますが、別に可愛いだけで騒いでるわけでもないですよ。いい女とか可愛いということだったら、僕には好みがあるし、AKBの子たちが好みじゃないということはもちろんないけど、少なくとも彼女らよりは好きなタイプの人はいくらでもいる。

ただ、やっぱり彼女たちは可愛いんだけど、それ以前にやっぱり曲が今までのアイドルよりはずっといい。良くモーニング娘。と比較されることが多いけど、プロデューサーの秋元康は一緒にするなと苦笑していると思うね。女性の品という点では、AKBの方が上だし、曲が圧倒的に良いです。保田圭とかどうしょうもないと思う。だから、彼女たちは以前のファン層が飛び抜けて広いんじゃないかと思うのですよ。

それは僕が好きだということもあるけど、同級生でも結構AKBのことが好きな人もいますし、有名人だとゴー宣の小林よしりんとかAKBのファンですよ。よしりんに至っては僕よりも人世代上です。この年代が騒ぐということは、見た目だけじゃないのですよ。やっぱりアーティストの質の高さというところはあると思うのです。

テレビでもよくやってますけど、初期のメンバーというのはファンが7人しかいない時から続けているというのは、生半可なことじゃないし、それが7年前ということですから、アイドルになるためにそれなりの苦労や嫌な思いをしているだろうし、当初メンバーに入れなかった篠田麻里子ちゃんなんかは、路上でティッシュとか配っていたわけですから、根性というか仕事に対する意識は相当高い。

また、インターネット戦略でもGoogle+Youtubeに公式チャンネルを持っていて、誰でも動画や新曲を見たり聞いたりすることができる。ソニーみたいにアーティストの権利を守るとか言って実に閉鎖的になってますが、AKBみたいに多くの人に見て聞いてもらうというチャンネルを増やすことで多くのファンに親しんでもらうという戦略が正しいということがAKB48の大成功を見ると、間違いない感じがするね。

先週から東京ドームでAKBはライブを行い、昨日秋葉原のAKB劇場であっちゃん最後のライブが行われ、250人の席にものすごい数の応募があったということで、ここでライブを見れたファンは幸せだったろうね。ま、秋元の戦略で東京ドームの後にAKB劇場というのはなんかいやらしい感じはするけど、ファンにとってはAKB発祥の地にあっちゃんが戻ってきたというのはありますな、確かに。

ちなみに僕はダレが好きかというベスト5を上げるとすると、

5位:宮澤佐江

4位:梅田彩佳

3位:秋元才加

2位:大島優子

1位:小嶋陽菜

こんな感じでしょうか。

どんな曲を持っているかという、

この人達は、若いし、アイドルだから、アップテンポな曲はいいと思います。あとPVで好きなのは、ヘビーローテーション。

あと、フライングゲットも結構好きです。

可愛くて乗ってるアーティストは素晴らしい。今年もレコ大とってほしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう