0 Shares

日本の政治の閉塞感

政治のことなんでね、毒を吐きます。僕は、大学の時に坂本龍馬の本を読んだ関係で、結構政治のことを関心を持って今まで見てきました。今の日本の政治状況を見ると、人がいないということはあると思うんだけど、愚人ばかりでこの日本は大丈夫なの?と思うわけです。

僕は自民党は昔から好きじゃないから、細川政権が出来たときは新しい時代の幕開けだと思って興奮したし、3年前の民主党政権が樹立した時も、これで自公政権の総括をするということで僕はものすごく興奮したんです。せっかく総理になった鳩山さんもだめ。これははっきり言って最初から想定してた。残念だったのは、菅総理で、あそこまでだめとは思ってもみなかった。ただ、東日本大震災の時に東電に乗り込んで社員を威嚇しまくったのはいただけない。そして野田総理。

僕は野田総理は評価してるんです。特に小泉政権以降の総理大臣と比較してもずっとよくやってる。なんだかんだ言っても消費税を挙げた手腕は見事だった。ただ、小沢一郎も言ってるけど、民主党のマニフェストには消費税増税は書かれていないし、なのに内閣の目玉として推進させたということは、これは財務省支配と言われても仕方がない。野田さんはそのあたりをしっかり説明しないから、批判をされるんだと思う。

後民主党関係でひどいなと思うのは、民主党を離党している連中の節操の無さ。橋下ところに行ったり、小沢のところに行ったり、後は河村市長のところに行ったりと、民主党がもう政権から引きずり降ろされるということがわかって、他の党に移ってるんだろうけど、本人はどれだけ人間性を自分の行為で落としているのか、よく考えるべきだ。いい例が、もうなくなってしまったけど、新党さきがけ。その代表だった武村正義が、自民党を離党してからまず細川政権で官房長官、その後反自民党だったはずなのに自社さ連立政権を中核として節操の無さを露わにした。そのことで結局その後の政界には生き残ることが出来なかったということを思い出すべきだ。今の日本は大なり小なりこのような武村正義のような政治家ばかり。つまり、あまりにも節度がなさすぎて、何かに殉じるという人がほとんどいない。

それ以外の政党について言えば、自民党に関して言うと、おどろくべきことに総裁以下世襲なんですよね。これだけでも、政治というのが、なかなか素人が入りにくい状況になっていると思う。幕藩体制がダメになったのは、大名が世襲制だからで、同じ轍を踏んでいるんです。

それに今回の総裁選を見てて思ったのは、この総裁選に勝てば総理が身近になるということで候補者が乱立したということだ。僕は谷垣総裁は嫌いだけど、3年間総裁として頑張ってきたのに、同じ派閥の領袖が支持しないというのは、どうなのって思う。よほど谷垣さんも人徳ががないんだろうね。谷垣さんも、3党合意といっておきながら、総理の不信任案に賛成をしてみたり、やっぱり最後はぶれていた。このあたりなのかなと思う。

石原慎太郎に関しては、どうしてマスコミはこんな老人をちやほやするのか不思議。確かに発信力はあるんだろうけど、人間が傲慢だし、そもそも都知事としてこの人は全部中途半端。銀行にしても、だめだった。発想は素晴らしかったけど、だめだった。

オリンピックにしても、僕ら都民はそう望んでいないはずですよ。これは都知事として構成から見たい時にオリンピックを招致した知事としての名声のためにやってるだけだ。後は尖閣諸島にしても、これを東京都が購入するという大騒ぎをして、国のために働くとか言ってるけど、このことでも日本の民間の企業の損害は100億円を超えているし、中国との関係が悪化した責任は、石原にあるはずなのにどうしてマスコミも政治家も批判しないんだろうか。唯一日刊ゲンダイが批判している。
フザケるな!石原 都知事時代は勤務平均59分 時給13万円
http://gendai.net/articles/view/syakai/139380

石原は記者会見で、記者から80歳でやるんですかと問われ、若いものがしっかりしないからこんなことをしなければいけないと妄言を吐くし、良くマスコミがこの爺さんのことを豪放磊落と言ってるか、とんでもない。石原は議員を辞めるにしても、経世会が邪魔をするから何も出来ないとか、今回も官僚のお陰でなにもできないと出来ない理由を自分の力の無さではなく、すべて人のせいにしているわけで、そんな男が豪放磊落なわけがない。こんな人の政党に投票をしてはだめです。しかも立ち上がれ日本をそのまま吸収して、石原が党首になる。平均年齢70歳以上の集団が何ができるの?ただ単に経験がある分傲慢な人たちの集団ということなのではって思う。

橋下さんは、演技がうまいし、リーダーシップもある稀有な存在だと思うのですが。

ただ、取り巻きが悪すぎる感じがしますね。つまり、橋下人気のみにあやかって自分も上がろうという姑息な人間が目立つ感じがします。その筆頭は大阪の松井知事、民主党や自民党にいられずに移籍してきた国会議員の連中、恐らく今回の総選挙で、あわよくばという連中。結成パーティを見た時に橋下は喜んでいたけど、彼の周りを囲んだ連中は、どう考えても信頼出来ない人たち。こんな人たちにやっぱり日本を任すことは出来ない。

それに政党のネーミングも今更なんとか維新というのは、違和感を感じるし、明治維新はものすごく多くの人の命の上に成立したもの。西郷さんや木戸孝允などは、明治後かつての同士を思って涙したという話があるけど、日本の維新の会に関しては、橋下以外にそういう覚悟があるの?って思うね。ほとんどが橋下人気にあやかろうという、人を利用することしか考えてない印象がある。

小沢グループに関して言えば、もうおしまいという感じがする。この人は結局民主党では主導権を握ることが出来ないということもあって、離党したわけだし、もともと傲慢だったことから、今の野党からは総スカンを食らってるし、今の国民の生活が第一という政党だけでは政権はとれないということで、結局次回の総選挙は今の人数の半数になる。これは小沢自身の不徳の致すところで、これはもうしょうがない。お疲れ様という感じだね。

このように今閉塞感のある日本を誰が救えるんだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう