0 Shares

選挙のこと

東京に住んでいると今回は衆議院選挙と都知事選があります。新聞の論評を見ていると、自民党が圧勝しそうですね。そうなると今の自民党は右傾化に流れて、そこで公明党が離脱をし、それに代わって維新の会とかが連立を組むことになりそう。そうなると、たちあがれ日本の人たちはなぜ離党したのかわからなくなりますが、どうなんでしょうか。

少なくとも維新の会から総理がでないということは、喜ぶべきことだし、これを機会に維新の会は分裂すると思う。何故ならば、大阪維新の会系とたちあがれ日本系では政策に対する考え方が根本から違うわけで、そもそも野合ですから、当然そうなる。

今後の流れとして予想できるのは、大勝に慢心した自民党が今度の参議院選挙で大敗し、またもや政治のねじれ現象になり、安倍総理の腹痛が復活して、結局誰かのせいにして政権を放り出すということになり、そこで選挙の顔になる前原さんあたりが民主党の党首になり、民主党政権が出来るという感じ。今度は、この民主党も公明党やみんなの党に頭を下げて、単独政権という事にはならないだろうね。

僕のところは、東京1区なんだけど、海江田万里のポスターがひどいのですよ。顔写真と海江田万里しか書いてない。他の候補は、自民党だったら、候補者の名前と写真以外に、比例は自民党!という感じでコピーが書いてある。維新の会も社民党も、みんなそうです。ところが海江田万里だけ、そうなってない。やる気が無さそうなんです。

結局この人はこういうレベルの人なんだなと思って諦めてるけど、許しがたいのは、民主党代表選で小沢一派はこの人を強力に押したんですよ。もし、この人が民主党の代表選で勝ったらどうするつもりだったんだろうと思うわけですが、結局小沢さんもそういうレベル。そういう意識で日本未来の党に参加している。傀儡政権はお手のものですからね。海江田も海江田で、代表選に押してもらったのに、離党せず、民主党から出てる。こんな事ばっかりでいやですね。ただ、嘉田知事は相当したたかだから、小沢の言うとおりにはならない。ここも選挙目当ての野合政党ですから、総選挙が終われば確実に分裂する。

で、大事なのは、都知事選です。

今回都知事選は、結局4強ということになる。その4強というのは、猪瀬、宇都宮、笹川、松沢の4氏。こちらも報道を見ていると、猪瀬が一つ抜きん出ているという感じ。この4人の候補者の中で、まず笹川さんと松沢さんが脱落する。

笹川さんについては、国会議員だったということが最高の売りのようですが、彼の場合は77歳という高齢であるということ、国会議員として何をやったのか不明、それに笹川良一の息子であるというところでもうだめでしょう。申し訳ないけど、国会議員として逃げてきた人が知事というのは、石原でやめてもらいたい。

次に松沢さんは、民主党から逃げて神奈川県知事になった人物であるということ。全く何もビジョンがなく都知事を目指しているということ、つまり、自分の野心として都知事になろうとしているということが明らかで、こういうビジョンのない人は東京都のトップにしてはいけない。

ここまで書いてきて、普通であれば、猪瀬、宇都宮の戦いになるんだけど、二人ともとても地味なので、どうなんだろうということになるけど、宇都宮さんは日弁連会長になったけど、それはなぜ彼が弁護士のトップになったかということを知ったほうがいいと思う。

話は昔に戻るけど、都知事として僕にとって一番古いのは、美濃部さん。革新都政ということで、後継の知事に言わせると都政をめちゃめちゃにしたという批判がある。僕はまだ小学生だったと思うけど、穏やかなおじいさんというイメージがあった。

それから色々な人が都知事になったけど、仕事をしたという意味では僕は鈴木さんが良かったと思う。人から聞いた話だけど、彼は内務省官僚として、中曽根や後藤田よりも年次が上の先輩だったらしい。だから、政治家として鈴木さんに茶々を入れられないという話を聞いたことがある。仕事が出来るという印象はあった。

一番ダメだったのは、青島さんで、洒落で当選してしまったけど、結局自分は何をしていいのかわからないというか、政治力がないということが露呈しちゃって、かわいそうだったね。知事を辞めてからは影が薄くなって、消えるような感じで亡くなっちゃった感じがした。

石原に関しては、人間として僕は嫌いだから、散々ケチを付けてきましたが、その後継が猪瀬ということで、全く評価ができないのです。石原という人は、どうしてもこうも傲慢なのか。たかが直木賞作家だということでしょう。しかも強気なことばかり言っても結局何も出来ない。なんかあっても責任逃れをするだけで、とても80歳の老人とは思えない、器の小ささ。

そして宇都宮さん。この人が今回アンラッキーなのは、社民党と共産党に担がれているということ。これは有権者からの印象は実に悪い。ただ、この人の実績は、今回の候補者を圧倒するもので、僕はぜひこの人に都知事になってほしいと切に思うのです。

今回グレーゾーン金利を違法としたのは、彼の尽力によるところが大きい。彼の弁護士としての活動は弱者を助けるということでほぼ一貫している。ウィキペディアでみると彼が立ち会った事件を列挙すると金融事件が多い。豊田商事、日栄事件、商工ファンド事件などの金融事件に携わる他、オウム事件、地下鉄サリン事件、五菱会事件などにも関与していて、まさしく正義の味方というイメージがあります。

このように、本当、もっとしっかりした政党が宇都宮さんの支持に回ってくれればいいんですが、そこがうまくいかない。でも、これで彼が当選したら、東京の未来は明るいし快挙なんだよなあと思います。

とかくこの知事選というのは、光物が勝つことが多くて、顔が売れてるから実務が出来る保証はないわけでして、そうなると、やっぱり実直な人に東京都のトップになってほしい。作家が政治家になって、大成した例はありません。それは作家は創作者であって、政治においては口舌の徒になる場合が多い。それは石原もそうだし、新党日本の田中さんも結局派手なことはできるけど、仕事はできないという印象がすごく強い。

そういう観点から見ると、宇都宮さんは、数々の悪と戦い、弱者を助けてきたという実績があり、僕は今まで生きてきてこれほど都知事にあった人は見たことがない。選挙もFBを見ていると盛り上がっている様子。ぜひぜひ頑張って欲しいし、快挙が見たい。

ウィキペディア:宇都宮健児
Facebook宇都宮けんじさんと東京を変える100万人サポーターズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう