0 Shares

オセロゲームのような選挙結果

総選挙、終わりましたね。結果はテレビでも報道されているように自民党の圧勝。民主党は60議席を割るということになり、結党以来の最大の危機を迎えました。この選挙で最も力をつけたのは、自民党の安倍総裁と石破幹事長。

民主党がいかに負けたかということは、閣僚の8名が落選という前代未聞の敗退。後は仙石さんと言った大物も落選した。僕は民主党びいきですから、まあしょうがないという感じでテレビを見てましたけど、野田総理、前原さん、枝野さんあたりが落選しないでよかった。原口さんは、政権与党なのに離党もせず反主流派として執行部を批判していたことがわかりにくさを助長した。前原さんなんかと早く仲直りしなさいという感じです。

閣僚落選で印象的なのは、藤村官房長官と田中大臣。藤村さんは、なんで選挙中に早くミサイルを落とせなんて言うんですかね。前にたけしさんの本をこのブログで書いた時に、たけしさんが間抜けの条件は、自分が世間からどういう目で見られているか、或いはマスコミがいつ足を引っ張ろうかということを虎視眈々と機会を狙っているのに、それに全く配慮のないことであり、藤村発言はまさしくこれを地で行くもので、馬鹿じゃないかと僕は思った。こういう人は本当に馬鹿なんだと思います。

田中さんにしても、お父さんは言うまでもないけどあの偉大な田中角栄さん。今回落選をして、世間から穀潰しと言われても仕方がない敗退。お父さんも間違いなく草葉の陰で泣いてるに違いない。あれだけ実績も残してきたし、何よりも苦労をしているので末端への優しさを持っているということもあって、神様のように新潟の人から思われていたと思うけど、娘は不肖でしたね。ネームバリューと発信力はあるから人気はあったけど、実際に閣僚としては何も仕事ができてない。新しい民主党が進んでいくという点では、良かったと思うね。僕は彼女のことを全く評価してません。

一方で未来の党も大負けした。嘉田知事は準備不足だと言っていたけど、選挙目当ての野合としかいいようのないもので、そこまで選挙民を馬鹿にしてはいけない。公示前61議席あったのが、9議席になった。その小選挙区で当選をしたのは、小沢一郎と亀井静香で、未来の党結党の精神(それがあるかどうかわからないけど)とは真逆の人が当選したということを、悪い冗談のようだ。そもそも卒原発という言葉自体が実にわかりにくく、どうしてはっきり言わなかったのかということを今更ながら感じる。これで、小沢政治の終焉を迎えたというべきで、この20年日本の政治を混乱させてきた小沢一郎もこれで政治生命はほぼ終わったと見ていいと思います。

第3極で躍進をしたのは、日本維新の会とみんなの党。維新の会は、石原と橋下が対立をして分裂すると思うね。政策が真逆でくっつくというのは、なんて言われようと野合でしかないし、それは過去の歴史においても政策の違いによってグループは平気で分裂する。一番いい例が大久保利通と西郷隆盛の対立ですよ。あれだけ手を取り合って明治維新を成し遂げた偉大な二人でも、征韓論ということで対立をし、結局同胞同士の殺し合いまでになった。

日本維新の会の石原にしても橋下にしても、彼らと比べるべくもないほど小物ですが、政策を無視して政策集団である政党が成立するわけがないので、維新の会は早晩崩壊して、橋下グループはみんなの党と合流すると思う。そうすれば実にわかりやすい政治になる。

みんなの党に関しては、公示前は8人が18人になったということで、これも躍進だと思う。これは勝因は僕は渡辺代表にあると思う。僕ははっきり言って世襲は嫌いだけど、今回の渡辺さんのブレない態度、政策の一致を重点にして妥協しなかったところは十分買える。僕は選挙期間中はこの人は男を上げたなと思いました。

テレビを見ていると、安倍さんはブレーンがいいのかもと思う。というのは、ここでいい気にならずに次の参議院選挙を見据えているといういんしょうがある。ということは、シナリオを僕なりに想定すると、政治そのものは来年の参議院選挙まで無難に進めていくと思う。そのために人事も、失言をしないような人を起用するだろうと思うのです。それで、ここで勝つと自公政権は盤石。さらに選挙を直接指揮する石破幹事長の株が更に上がり、安倍後は間違いなく石破政権になる。ここまでもし見据えているのであれば、当面民主党政権は残念ながらないなあ。

あとよかったのは、維新の会が馬鹿勝ちしなかったこと。これで石原首相、平沼首相ということが絶無になったということです。老人や病人が総理になるべきではない。老兵は消え去るのみというやつです。早くいなくなって欲しい。

安倍政権は、右寄りだし、外交が得意だよということですから、まず身近の尖閣諸島の問題と竹島の問題を解決してもらいたいね。尖閣は中国の挑発がひどいし、竹島は韓国に実効支配されている。どういうことが出来るのかお手並みを拝見したい。でも、また公共投資のバラマキが始まるかと思うと、嫌悪感が出てくる。それと意外だったのは、日本人は世襲は別にどうでもいいということなんですかね。この世襲問題が、政治へのハードルを高くしているということをもう少し自民党もまじめに考えるべきだし、国民的に問題ないのであれば、これは個人的にすごく残念。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう