0 Shares

オタク化が進むオレ

以前は自分のことを稀代の女好きと思っていたのですが、自分で言うのはなんですが、最近そうでもないような気がしてきました。それは女性にもてようという気持がサラサラなくなったということもあるし、趣味というか自分の好きなことに没頭している方が楽しいという感じ。

もちろん、好きな人はいますよ、3人位いるね。ただ、その人を付き合いたいなという気持がハナからないし、付き合いたいという努力もしようとは思ってないので、どんどん自分が醜くなっているということもよくわかってる。

醜くなっているということは、既に女の人とご飯を食べたり、どっか高級温泉宿に行って膝枕をしてもらったり、一緒に風呂に入ったり、寝技をかける資格がないということであり、赤いたまが出てるわけじゃないけど、まさしく男ではなくなったという実感もある、悲しいTT

じゃあ、今、お前が好きな事は何かと言われるとまず浮かぶのは、音楽。音楽は聞くのも自分で弾くのも好き。しかも、アップル製品にはGarageBandという作曲用のソフトがあり、しかもこのソフトのすごいところは、iPhoneやiPadにシールドをつないでギターアンプ代わりになるのです。

僕は音楽をiTunesで管理をしているのですが、このソフトにプレイリストという機能があって、曲のリストを作る機能があり、僕は色々なプレイリストを作ってるんだけど、その中にPlay Gというリストがあります。これは僕のレパートリー(ハードロックばっかだけど^^;)なのですが、ギター弾きの楽しみというのは、バックグラウンドで自分の好きな曲を流してそれに合わせてギターを弾くというのが実に楽しいのです。たまにいいフレーズが弾けちゃうと、陶酔しちゃう感じです。

僕は今これでどういう楽しみ方をしているかというと、まず

  • ギター1台
  • イヤホン2個
  • MacかiPhone
  • iPad

をまず用意します。

次にMacかiPhoneでPlay Gのプレイリストを表示させて、かつ、イヤホンを装着し、そのイヤホンを右耳に入れます。そしてiPadではGarageBandを立ちあげて、ギターアンプを選択して、左耳にイヤホンを入れると準備完了。これで2時間ほど楽しめます。

色々とこのGarageBandというソフトを調べてみると色々なことが出来るということもあり、Amazonで調べてみると、レッスンノートなる本を発見。

その本をチラ読みすると、なんとジャーニーのDon’t Stop Believingやエリック・クラプトンの名曲中の名曲レイラの演奏方法も収録しているということもあり、これはぜひ挑戦をしないとだめだということもあって、その本もゲットして今夢中になっているところです。ちなみに今挑戦中なのは「大きな古時計」爆

もっと本格的に遊びたいと思って、そうすると、Macに繋げるコネクターみたいなものもみつけ、

注文してみました。音がいいらしいので、楽しみ。

次に僕はもうひとつ好きなのは、写真を撮るのが好き。気持ちとしては自分が目にしたものを記憶に残したいというもの。写真を好んで撮るようになったのは、この10年。この10年間でコンパクトデジタルカメラは5台くらい買い換えたかな。

どういう写真を撮るのかというと、風景写真が好き。本格的に撮るようになったのが2006年から。時系列的に紹介すると、

2006年宮古島

2007年京都祇園

2008年うちに来たばかりのニャンコ先生。小さくて本当に可愛かった。

2009年北海道函館

2010年鎌倉

2011年沖縄万座

2012年ベトナムニャチャン

これらはいわゆるコンデジというバカチョンカメラで撮影をしてるんですが、上手い人の見るともっとこういうのが撮りたいという気持ちになっていた矢先に、なんと中学高校の友人がFacebookに一眼レフを譲りますという書き込みがあり、即効で手をあげたら、頂いちゃいました。それがこちら

まず、一眼レフで写真を撮る場合には、色々な難しい言葉があって、それを覚えないといけないのです。ちなみに冒頭で書いたGarageBandも、専門用語が羅列してあり、20年前に初めてMacを触った時を思い出しましたが、今度の一眼レフも全く同じ。ただ、自分が本当に好きな事をやるときに、僕はそういうことは全く苦にならないのです。

ちなみに今使っているコンデジは、このブログでも紹介しましたが、キャノンのS100。僕が大好きな深澤里奈さんとお揃いです。このS100は色が鮮やかだし、ソリッドなデザインがかっこいいので気に入ってます。

一眼レフについては、Amazonで調べてみたら結構マニュアル本がありまして、さすが一眼レフという感じ。コンデジには絶対にありえない。逆に言えばコンデジのマニュアル本ってニーズが有るような気がするけどね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう