0 Shares

ベニーオークションのこと

ここ数日芸能界を賑わせているベニーオークションに関わった芸能人の件。世の中は誰がブログで嘘をついたかということで騒いでいるけど、いわゆるウェブマーケティングにおいてこういうのはステルスマーケティングと言って、以前食べログで大騒ぎになったものとほぼ一緒。悪質なのは、ベニーオークションを主催した会社が詐欺目的でやっていたということだ。

インターネット上でモノを売るときに、広告を使ったりするわけだけど、その際にアフィリエイト広告というのがあります。つまり、ウェブサイトの中である製品のことを書いて、そこからその製品を売っているサイトに誘導し、そこでユーザーがモノを買えば、それに対して広告主から報酬が支払われる仕組みです。
僕のブログでよくAmazonのリンクを記事の最後に張ってありますが、これでだれかがAmazonで買い物をしてくれると僕にお金が入る仕組みになってます。アフィリエイト広告会社でもブログに製品の記事を書かせて、成功報酬を支払うというやり方があります。ここに問題があるのは、ブログによるアフィリエイトは、記事を書いている人間が恣意的に宣伝をするということもあり、広告主に書かされているという側面が大いにあり、信用という点では疑問が残る。

今回のベニーオークションについては、馬鹿な芸能人が詐欺の片棒をかつぎ、結果的に彼らにとって一番大事なファンを騙したということが問題であり、更にいうと、前の食べログの時も書きましたが、ネットに対する信頼性に疑問が呈されるという自体が実は大変恐ろしいことなのです。

このベニーオークションで詐欺の片棒をかついただ芸能人は、男女問わず頭の中身が空っぽということが共通していて、バカがやったことだからしょうがないで済みます。ただ、ワールドオークションは新聞を読むと、最初から詐欺をするためにやっていたということが明らかであり、これはウェブマーケティングを生業とする僕にとっては実に心配。まず関連記事を紹介します。

小森純もブログに虚偽記載、謝罪 ペニーオークション摘発

ZAKZAK20 時間前
ペニーオークション詐欺でサイト運営者の男らが京都、大阪両府警に逮捕された事件にからみ、タレントの小森純(27)が、男らが関与していたとみられる別のペニーオークションサイトで落札したとする虚偽の記事をブログに書き込んでいた 

[事件]【ペニーオークション摘発】本当か?女性タレント「1080円で清浄 

MSN産経ニュース2012/12/11
詐欺容疑で逮捕された大阪市のインターネット関連会社役員、鈴木隆介容疑者(30)らが運営していたのは「ワールドオークション」。女性タレントは平成22年12月27日のブログで、「お友達から教えてもらったワールドオークションってサイトで 

うまい話に裏があるというのは昔からわかっていることだし、そういう詐欺事件は昔からあるし、そういう詐欺を起こす会社に限って言えば、芸能人を使って被害者を増やす仕組みを考えると、実に古典的な詐欺事件とい言わざるを得ない。騙される方も悪いという側面もあるけど、こういう反社会的な事がネットを通じて行われるということが残念で仕方がない。

それはどういうことかというと、結局ネットにおける商売や発信は、前提として信用があるということで、それを損なうというのは大問題なわけです。食べログでステルスマーケティングが行われた。と言うことは、ここに書かれている口コミの信用力がなくなるわけです。

この口コミが実に重要なのは、Amazonがレビューにいいことも悪いこともそのまま掲載させているということでわかるし、これによって判断をユーザーに委ねているわけですよ。こういう点でもAmazonはインターネットの特性を熟知していると思うね。

一方で楽天がkoboで失敗したのは、このkoboに対するネガティブな書き込みをすべて削除してしまったということで、ネット企業である以上これをやっちゃうとおしまいなんです。なぜなら、物事には清濁両方あるわけで、清だけということはありえない。こうなると大げさなことをいうと、北朝鮮と一緒で褒める事しか書かれていないという事自体がすでに不自然なんだけど、それを楽天はやってしまった。三木谷さん、お前は総書記か?ということです。

以上のようにネットの信頼性を損なうという点で、実にこのベニーオークション事件は危機的なものです。これから心配です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう