0 Shares

役者に見るブランドのこと

僕がこのブログでよく書くのは、テレビがつまらなくなったからテレビが売れないということ。実際僕はテレビは報道番組とNHKの大河と連続テレビ小説しか見ない。それはドラマがあまりにもつまらないし、見てても突っ込みどころが多すぎて見てられないから。

ただ、今年の大河は平清盛でこれはかなりひどい。テレビ小説の純と愛も相当ひどい。ドラマがひどいとどうなるかというと、それに出ていた俳優のブランドがおもいっきり低下するということだ。この場合、芸能人のブランドが落ちるということは、すなわち出番が減るということです。それは死活問題で、色々と見てると脚本のかの責任ってかなり大きいと思うね。

これはここ数年の大河ドラマや連続テレビ小説を見ていると、立証できる。ここで立証したいのは、そのドラマで誰がその後活躍しているのか暇なのでやってみました。

大河ドラマ編

江~姫たちの戦国~

上野樹里はいつの間にかいなくなってしまった。脚本家の田渕久美子が、篤姫の成功で図に乗り、江姫は生物学的な勝者だと訳の分からない事を言って、話がメタメタになった。番組の後半は、ずっと江姫は出産で踏ん張ってるシーンばかり。田渕が江姫は上野樹里がふさわしいなどといってましたが、そのために上野自身がすかすかになってしまった。将来有望な女優だったのに気の毒としか言いようがない。

龍馬伝
これも誰もスターにならなかった。キャスティングは面白かったけど、汚いとうるさいはこの番組から始まった。唯一良かったのは、吉田東洋を演じた田中泯さんかな。ドラマ的にもストーリーの作り方が稚拙で、幕末モノを期待していたということもあって実に失望した。特に笑えたのは、お元を隠れキリシタンということで、結局龍馬の力でイギリスに亡命させたことかな。どうやって生きていくんですかね。

天地人

こちらはキャスティングが全然だめだったし、なぜ直江兼続だったかという疑問は未だに残る。家老としては実力があったというのは、それは家老というレベルを越えた領土を持っていたから。ただ、関ヶ原の前後における直江兼続の態度を見ると、大河ドラマの主役には成り得ない人物だったと思う。このドラマはこども店長以外は誰も飛躍しなかった。

篤姫
こちらは作品として実に素晴らしかった。個人的にはキャスティング、ストーリー、音楽は全て完璧で僕はDVDとサントラまで買った。視聴率も良く、このドラマからブランドを挙げた人は、宮崎あおいちゃん、堺雅人くんは大変飛躍した。二人とも主役級になってるし、同世代の俳優ではトップクラス。あるインタビューで宮崎あおいちゃんが、篤姫を演じていると、自分の中に篤姫が入ってきてる感じがするということを読んだことがありますが、それだけ役に入りきっているということだと思うし、実際に大変素晴らしい演技だったと思うのです。未だにDVDを見ますけど、面白いです。

連続テレビ小説に関して言うと、ヒロインのタイプは2つにわかれます。一つは自ら這い上がっていくタイプ。もう一つは、運命の中で精一杯頑張るタイプ。個人的には後者が好きです。

ゲゲゲの女房

これは面白かったです。僕はこのドラマから連続テレビ小説を見るようになったけど、ここで大飛躍をしたのは、向井理くん。若手男優で圧倒的な存在感を示してます。実際にドラマの中での水木しげる役を実に上手に演技をしました。ヒロインの松下奈緒ちゃんも飛躍しましたね。ヒロインのタイプとしては運命の中で精一杯頑張るタイプ。

てっぱん
このドラマは、主役の瀧本美織が頑張るという感じだったけど、彼女はそれほど飛躍しなかった。その後民放のドラマで主役級で出ているけど、ドラマに恵まれてない用な感じはする。このドラマ自体も主役が自分の価値観を色々な人に押し付ける感じで、見苦しいところもあったし、キャスティングが全体的にチープという印象。ヒロインのタイプは自ら這い上がるタイプ。

おひさま

これは個人的に言えば、大河の篤姫と同じくらい僕の琴線に触れた作品。こちらもキャスティング、ストーリー、音楽、すべてが良かったです。視聴率もかなり良く井上真央ちゃんはさらに飛躍したし、満島ひかりちゃんというスターを輩出しました。ヒロインのタイプとしては完全に運命の中で精一杯頑張るタイプ。

カーネーション

こちらは、好き嫌いがわかれるんじゃないかなと思えるくらい革新的なストーリー展開で、路線としてはストーリー以上に見た目を画像にこだわるもので、龍馬伝や平清盛に近い。こちらからは、周防さんを演じた綾野剛君が一挙に飛躍した。尾野真千子もその後主役級でドラマに出てるけど、タイプじゃないので、あまり気にしてない。ヒロインのタイプは明確に自ら這い上がっていくタイプ。

梅ちゃん先生

堀北真希ちゃんの圧倒的な可愛さがおおいに目立ちましたが、ストーリーは面白かった。これは脚本家の尾崎将也さんの起用が大きい。この人は、阿部寛が主役を演じた結婚できない男の脚本を書いた人で、変人を書かせたら相当な人物です。ここからは、ノブを演じた松坂桃李くんと松岡さんを演じた高橋光臣くんというスターが生まれた。ヒロインのタイプは運命の中で精一杯頑張るタイプ。

今は、大河の平清盛も連続テレビ小説の純と愛はメタメタでどうにもならない状況。気の毒なのは純と愛の夏菜ちゃん。あれだけかわいいのに、変なドラマの主役に抜擢されてしまったためにブランドが低下するんじゃないかとおじさんは心配してます。ちなみに桐野富士子役を演じている吉田羊は、期待してるところです。

次回の大河は綾瀬はるかが主役の八重の桜。脚本がゲゲゲの女房をかいた山本むつみさんということもあって、期待はしてる。ただ、吉川晃司が西郷隆盛というのはどうかなと一抹の不安を感じてる。

連続テレビ小説の方は、脚本が宮藤官九郎。彼は、阿部サダヲと舞妓Haaaan!!!やなくもんかといった秀逸なコメディを書いた人なので、こちらも期待している。主役は能年玲奈ちゃんという全くの新人。かわいいね。宮崎あおいちゃん路線かあん。頑張ってほしいなあ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう