0 Shares

ガラケーユーザ向けiPhone導入ガイド

世の中の趨勢がスマホの利用に流れているのは、やっぱりガラケーよりも使いやすいから。僕はミーハーで新しいもの好きですから、iPod touchの頃からiOSの端末を使っていて、それをやめないのは、やっぱり使いやすいし、そもそも僕はそんなに電話もかけないということもありますけど。

スマホというと、大別するとだいたいiPhoneとAndroidのシェアが大きくて、その後にブラックベリーやWindowsフォンが続くと思うけど、ブラックベリーは業績が低下していて恐らく消えていくだろうし、Windowsフォンも恐らくMicrosoftにモバイルのことをわかっている人がいないので、ま、だめ。ということはこれからスマホを買おうという人は、結局iPhoneかAndroidということになります。

Androidがいいのは、何と言ってもGoogleのOSということもあり、Googleが提供しているサービス、Gmail、Google Maps、YouTubeなどと親和性が高いということをあげることが出来る。ただ、僕に言わせると、Androidのメリットはこれだけかなという感じがしますね。あとは、各メーカーがAndroid陣営で競争をしないといけないけど、何故かハードの優位性しかうたってないケースが多い。特に日本のメーカーはそういうところが顕著で、それこそ電池がもつとか、液晶がきれいだとか、カメラの画素数が多いとか。

ただ、スマホというのは、要はコンピューターですからどういうことが出来るのかということがユーザーへの訴求点のはずなのです。それはiPhoneの動画やサムスンのギャラクシーの動画を見るとこういうことができます、こういうアプリでこんなこともできちゃいますということをアピールしているのです。その点日本のメーカーも見習うべき。

Androidの問題点は、Googleが管理に関して責任を取らないということなのです。つまり、スマホ絡みでセキュリティの問題が報道されるのは、Android携帯の不正アプリで、これらは結局携帯に含まれる個人情報を流出させてしまうということなのです。これは、GoogleがAndroidを無償で携帯電話を作る会社に提供しているのは、Androidの利用者を増やすということであり、それは究極的にはGoogleの広告の売上を上げるためです。で、無償で提供しているということは、悪いものは作らないけど、何かあっても責任はとりませんよということです。

なので、Android向けに開発されるアプリというのは、基本的に勝手アプリなんです。いろいろな人が勝手に開発をして、Androidユーザーであれば誰でもダウンロードが出来るというものです。ただ、ここがみそで、GoogleがAndroidの仕様を公開しているということで、不正アプリの事故が後を絶たない。

今日も日経の記事で
アンドロイド不正アプリ、23%が公式サイトから
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD130GD_T10C13A3TJ1000/?dg=1&n_cid=DSGGL001
これは、iPhoneユーザーとしては考えられない。最も不正がないであろうと思われる公式サイトが、実のはその4分の1が悪の温床になっているというのは、考えられないことです。

もし、何かがあってもGoogleだって携帯電話会社だってメーカーだって、それは個人責任ですよとか言われて責任をとってもらえないので、ユーザーは携帯電話にセキュリティソフトを入れて、それを毎日セキュリティの定義をほぼ毎日ダウンロードしないといけない。それでも、何かがあってもセキュリティソフト会社も責任をとってくれない。これは非常な負担をユーザーに強いるわけで、それはいいのか!ということです。

iPhoneユーザーから言わせると、まずアプリ自体がiTunesで公開するためにはAppleに申請しないといけないし、審査に通らないとiTunesにアップされない。ということは、基本的にはiPhoneのアプリは完全とは言わないにしても、Androidから比べれば安全だといえます。

それ以外に僕が気に入ってるのは、やっぱり音楽もそうだし、カメラが手軽で簡単に撮れることも気に入ってます。ちなみに僕がこのiPhoneで撮りためた写真は既に6000枚。撮り捨ててるというところはあるけど、今やその写真もFacebookやTwitterで簡単に共有できる。iPhoneの場合はOSにFacebookやTwitterが標準で組み込まれてるので、その点も簡単でいい。

結論から言うと、安全ということや、それに伴う負担ということを考えると、iPhoneがAndroidよりも優勢なのかなと思うのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう