0 Shares

井上真央ファンである僕に対するいろいろな人達

僕は連続テレビ小説のおひさまを見てから、井上真央さんの大ファンになりました。彼女はあのドラマを見た限り、日本を背負って立つ女優になることはまちがいないし、そういった意味で僕は彼女がどういう作品に出ているのかということは、常日頃チェックをしています。


世の中で面白いなと思うのは、例えば僕が井上真央ちゃんのことがとにかく無条件でファンで、彼女がどういう作品に出演するのか沢山知りたい方だし、真央ちゃんかわいい!ということを公言してるわけです。個人的に大人気ないとは思ってますが^^;最近で言うと、玄米部長のCMの井上真央ちゃんは半端じゃない。こちらで見れます。
CM情報|クリーム玄米ブラン|バランスアップ | アサヒフードアンドヘルスケア
http://asahigroup.cloudapp.net/contents/movie/balanceup_creamgenmaibuchou02_15/player_popup/index.php

そういう僕に対して色々な言い方があるなあと思っているんだけど、大別すると3パターンあるのです。
一つは僕を黙殺するパターン
もう一つは、僕のことを「ロリコン!」と人を介して毒づくパターン
もう一つは、実物の彼女はきっときれいだよというパターン
こんな感じですかね。

一番初めにあげたのが大体のひとの対応。例えば僕の友人がAKBが好き!とか言っても、「あ、そう、AKB好きなんだ」というくらいにしか、感想を持たない。年齢がそこそこ行けば、そんなものだと思います。人の嗜好をいちいちかまってられない。

最悪なのは、2番目で、これはだいたい僕のことが嫌いな人は、こう言います。友人などは、ロリコン!って言われているから気をつけたほうがいいよと忠告してくれます。ありがたいことです。ただ、僕に言わせると、僕のことをロリコン!と言うのは基本から間違ってる。何故ならば、僕はそもそもロリコンじゃないからだし、僕が井上真央を好きなのは、彼女の役者としての演技力に対して、畏敬の念をもっていて、たまたま、真央ちゃんがルックス的に僕の好みに合っていたから。

人間も50年過ぎて、人よりも多く泥水を飲んだ経験のあるような人間は、ただかわいいというだけで人を好きになったりしないのです。その辺りに人間経験のないやつに限って、人を無用に批判します。以前、僕のことを揶揄しているだろうと思われる人が、ある人をつかまえていろんなことをよく知ってるねーと言ってるのを聞いたことがあります。普通、50まで生きていた人間は、それなりに知識も深くならざるを得ないのです。それが経験に蓄積された知識だからです。そんなこともわからないような人間に影で何を言われてもなんとも思わない。今まで何して生きてきたんだといいたいわけ。

最近僕があまちゃんの能年玲奈ちゃんをベタ褒めしているのは、彼女の天才的な演技力と、やはり彼女がヒロインとして出演しているあまちゃんが実によく出てきているから。あとは、10年近く会っていない娘と重ねあわせているというところもある。かわいいと思うけど、そのかわいいという感情は、猫や子犬を見てかわいいなと思うようなものです。ただ、悪意を持つ人は、こんどは20未満の女を騒いでるのかと言うんだろうと思うね。そこが浅い。どれだけ人間を知らないんだろって思うね。

最後の実物の真央ちゃんは本当にかわいいと思うよという発言をしてくれる人は、とても心の広い人だと思うし、実際にその人は深海のように心の深い人です。そう言われた時に、ああ、やっぱりこの人はこういう人なんだと改めて好きになりましたし(この場合の好きというのも、LoveというよりもLike)、これは大人のコミュニケーションだと思うわけですよ。こう言われれば、嘘でも僕は悪い気はしないし、そもそもコミュニケーションは人間関係を円滑にするためのもので、育ちの良い人は余程のことがない限り、人に対して攻撃的にはなりません。

ちなみにこの場合の育ちの良い悪いというのは、経済的なことじゃない。経済的に潤っていたって、下品な人間はいくらでもいる。僕の知ってる人の母親は、自分の娘に対して札束で横っ面をひっぱたくような人で、なるほど、お金はこういう使い方をするのかと感心したことがあるけど、こんなことはちっとも上品じゃない。

育ちの良さはというのは、やはり大事に育てられて無用な苦労をしなかった人で、そういう人は概して人に対して攻撃的じゃないし、どちらかと言えば包容力のある人が多い。能年玲奈ちゃんや井上真央ちゃんは、当然こちらの部類に入ると勝手に思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう