0 Shares

謝罪の王様

あまちゃんというドラマが実に良く出来ていて、それは出演者の誰もが宮藤官九郎の本が面白かったということを色々な場面で言ってます。確かに小ネタの使い方もそうだし、予想できない話の展開ということもあり、本当に面白かったです。僕にとってナンバーワンのドラマでした。


ただ、宮藤官九郎の本はやや癖があるので、映画で大ヒットしたという話は聞いたことがない。特に阿部サダヲとタッグを組んだ「舞妓Haaaan!!!」や「なくもんか」は両方見たけど、笑わせようオーラが露骨に感じられて(まあ、これは阿部サダヲの暑苦しいキャラが影響しているんでしょうけれども)、素直に笑えなかったのです。あとは、僕は宮崎あおいちゃんも好きなので、「少年メリケンサック」は宮藤官九郎の作品と知らず、DVDを買いましたけれども、これは面白かった。宮崎あおいちゃんの役者の幅を広げた作品だと思います。

それで、今回の「謝罪の王様」は、阿部サダヲ主演の「舞妓Haaaan!!!」や「なくもんか」路線なのですが、井上真央ちゃんが出ているというのと、あまちゃんを見た後ということもあって、前売り券まで買って先日見に行ってきました。

そもそも映画館まで見に行くということになると、10年ぶりくらいなのですが、まず驚いたのがチケットの味気なさ。チケットぴあが登場して以来、チケットのデザインと言うのは本当に味気ないのですが、コンビニで買った「謝罪の王様」のチケットは実にそっけない。僕はどうしてもそれが嫌だったので、色々と探したらカルワザオンラインでフェイスタオル付きのチケットを発見!

ま、これらは僕の宝物として永久保存ということにしました。

で、映画の内容ですが…。この映画はショートストーリーが数本あり、それらが微妙に関連付けているということもあって、ややテクニックに走っているかなという感じがありました。

井上真央ちゃんもかわいいことはかわいいのですが、何か気負いを感じられて、おひさまでのキレがなかったのは残念。

良かったのは、尾野真千子。この人は色々と苦労していたということもあり、こういうコメディをやらせるとさすがの存在感を醸し出していました。カーネーションの暑苦しい演技がどうにも好きになれなかったのですが、この人は逆にコメディをやると光りますね。先日ツタヤに行ったら、「探偵はBARにいる2」は全部レンタル中になってましたけど、尾野真千子はこの映画でヒロインやってます。

で、映画に話を戻すと、うーん、わざわざ映画館を見に行くまでもなかったかなという失望感がありました。残念TT

この記事が気に入ったら
いいね!しよう