0 Shares

いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2013

いきものがかりに関しては、2枚組のベストをたまたま聴く機会があり、その時にあまりの曲の良さに感動をして、それ以来僕は彼らの熱狂的なファンです。誤解を恐れずに言えば、日本のアーティストは曲作りの良さという点で、まず彼らの足元にも及ばないし、メロディーメーカーとしての才能は、1,960年台に世界中を席巻した4人組にも負けないすごい人たちだと僕は思ってますよ。ファンの贔屓目と言ったらそうかもしれませんが、それだけ素晴らしい。

その彼らが今年もツアーをするということで、熱狂的なファンである僕もそのチケットを取ろうとしたのですが、あらゆる手段を講じましたが、結局抽せんに落ちてしまい、チケットをゲットすることが出来ませんでした。さすが紅白のトリになるような人達のチケットは本当にプラチナチケットなんだなと改めて痛感した次第でした。
そこで色々と調べていたら、こういう人気のある人達のライブを見るためには、ファンクラブに入会しないとダメなようです。なので、早々にいきものがかりのファンクラブ1年2組には入会しました。今まで色々な有名人や芸能人を好きになったことはあるけれども、ファンクラブまで入るのは初めてです。
しかし、日本の人気のあるアーティストのチケットというのは、こんなに入手が困難だとは思いもしませんでした。僕も15歳で中野サンプラザでスージー・クアトロのライブを見て以来、ずっとコンサートは見続けてきましたが、チケットが取れないなんて経験もしたことがありません。人気アーティストで言えば、ローリング・ストーンズだって見れたし、この前は行かなかったけど、ポール・マッカトニーも東京ドームで見たことがあります。
ところが今回は、正当な手段ではあるけれども、あらゆる機会を使って申し込みをしましたが、結局取れずじまい、たまたま、10年前にサラリーマンをした時にお世話になった会社の社長にそのことを愚痴ると、実はその社長がいきものがかりを家族ぐるみで大ファンであり、当然のごとくファンクラブも入会していて、チケットが1枚余ってるから見に行かない?という恐らくここ数年の運を使いきってしまうんじゃないかと思えるくらいのご厚意をいただき、お言葉に甘えてご家族と一緒にライブに行かせていただいたのです。
このライブに備えて僕がやったことは、19日に絢香のライブに行き、今回のいきものがかりのツアーのセットリストを調べて、セットリストのプレイリストを作成して、どの曲が演奏されるのかチェックできるようにしました。一緒に行った社長もマメだね!とおっしゃっていましたが、確かに自分のことながらマメだと自分でも思いました。
今までライブというと、基本的に僕は洋楽しか聞きませんでしたし、洋楽もほぼ大半がハードロックを見ていきましたので、コンサートに行くと、すごいコスプレの人がたくさんいるのです。ロングヘアは当たり前だし、くさりも当たり前。髪の毛がいろいろな色の人もいるし、ホヒカンも全く珍しくない。総じてどちらかと言えば、攻撃的な人が多かったりする。
ところが、絢香のライブは、20代のいかにも丸の内のOL風の女性が多くて、とても洗練されてる人が多かった。いきものがかりのライブに来ている人達は、ハードロックのライブに見られるような攻撃的なファッションの人はいませんし、全体的に穏やかな人しかいませんでした。
いきものがかりのライブに関しては、あらかじめDVDを見ていたし、雰囲気もわかっていました。ただ、今回のライブは、なんと席がアリーナということもあり、さらに、アリーナ-の中央よりやや後方に特別ステージがありまして、僕の席からは5mくらいのところです。今回のLIVEにはオペラグラスを当然持ってきたんだけど、このくらい近いと肉眼で彼らが見れるという、LIVEという点ではほぼ理想的な場所でした。
いきものがかりに関して言うと、このブログでもよく記事を書いていますが、彼らのアルバムは全て持っているんですが、その中でも今回の新作「I」は最高傑作じゃないかと思ってるくらい、このアルバムはよく出来ているのです。
今回のツアーは、セットリストを見ればわかりますが、このアルバムを中心に演奏されました。だから、もうかなり僕もあつくなりました。いきものがかりはバラード系で有名な曲が多いです。「ありがとう」とか「Yell」、「風が吹いている」など。ただ、実はアップテンポな曲でもいい曲が多くて、この「I」にはアップテンポもスローバラードもいい曲がしっかり詰まっているのですよ。
セットリストは以下のとおり

  1. 1 2 3 恋がはじまる
  2. 気まぐれロマンティック
  3. マイサンシャインストーリー
  4. 風が吹いている
  5. あしたのそら
  6. なんで
  7. 恋愛小説
  8. 月とあたしと冷蔵庫
  9. 東京
  10. MONSTAR
  11. ぱぱぱーや
  12. うるわしきひと
  13. キミがいる
  14. 笑ってたいんだ
  15. 笑顔
  16. じょいふる
  17. ありがとう
  18. ぬくもり
これらの曲を約3時間かけて演奏するので、もちろんその間には、ゆるーいMCがあったりしていて、このバンドは吉岡さんだけにMCをすればいいんでしょうけど、ま、それでもとても密度の濃い演奏だったので、十分楽しめました。

あと思うのは、彼らは絢香の場合もそうなんだけど、日本のアーティストは礼儀正しいですね。外人のMCは英語だから何言ってるかわかんないけど、恐らくスラングとかガンガン使ってると思うけど、いきものがかりは、曲の紹介をするときに「次の曲は◯○です。お聞きください」という感じなんですよね。このあたりも今ままでのコンサートとはずいぶん違いましたね。

このLIVEはDVDの収録とNHKの収録があったようです。絢香のLIVEもDVDの収録をしてました。このLIVEは年末のBSプレミアムで放映されるようです。今から楽しみです。

最後に、素晴らしい機会をご提供してくれたN社長、奥様、お嬢様にはこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

I(初回生産限定盤)(DVD付)
I(初回生産限定盤)(DVD付)

posted with amazlet at 13.11.25
いきものがかり
エピックレコードジャパン (2013-07-24)
売り上げランキング: 360

この記事が気に入ったら
いいね!しよう