0 Shares

ローリング・ストーンズ来日のニュース

昨日Facebookのタイムラインを何気なく見ていたら、ローリング・ストーンズの来日のニュースが入ってきました。前々からローリング・ストーンズのワールドツアーがあるということは聞いていたし、先週くらいにローリング・ストーンズがオーストラリアでLIVEをするというニュースも入っていたので、その流れで日本に来るだろうと思っていましたが、全くその通りになりました。http://14onfire-japantour.com/

このローリング・ストーンズと言うのは、大変すごいというか、モンスターというのはこういう人たちを言うんじゃないかと思うくらいです。それはどうしてかというと、1960年前半にバンドを結成して、50年以上解散していないということ。未だに大変なライブパフォーマンスをするということです。もう年齢的に70前後という年齢でありながら、あれだけ充実したLIVEを繰り広げられると言うのは、考えられないことです。先日ミック・ジャガーのニュースで
ミック・ジャガーがひいおじいちゃんに、孫が来年出産
ミック・ジャガーがひいおじいちゃん‥。すごいです。

それはロックンロールというのは、僕は体力勝負だと思うのです。僕が昔から好きなハードロックを演ってる人たちは、もう大体昔のパフォーマンスができなくなっている。それはやっぱりあれだけ大音量で大騒ぎして、演奏もかなり一生懸命やらないといいものが普通できないはずだし、年を取ればとるほど鮮度の高い曲が書けなくなってくるのです。

最近ではスコーピオンズが活動を停止しました。彼らもライブバンドとしての実績があるし、ボーカルもギターもとても上手なバンドで、数々の名曲も出してきました。ディープ・パープルも今度来日しますが、何年か前のLIVEビデオを見て、あまりの痛々しさに、見てられなくなりましたね。でも、年齢的にああいう音楽をすること自体に、無理があると思うんですよね。よほどトレーニングをして体力を維持しないと絶対無理だと思う。しかも、アーチストである以上曲を書き続けないといけない。でも、才能は枯れるものですから、それも無理がある。若い時のようには行きません。

ところが、ところがです。この加齢による衰えというものが、このローリング・ストーンズsには感じられない。特にミック・ジャガーのパワーは半端ないです。先日iTunesで期間限定のHyde ParkのLIVEを買って聞いたのです。このLIVEは去年イギリスのHyde Parkで行われたものですが、すごい音の密度でこれはすごい、半端じゃないというくらい引き込まれる演奏で、ただただ圧倒されてしまいました。とても70前後の人達が中心になっているLIVEではありません。もちろん動画もあります。

こんなにかっこいい人たちのことを不世出と言うと思うね。

で、来日するというので、色々とこちらも準備などをしているのですが、僕は彼らが初来日した時に東京ドームで見たことがあります。その時には僕は彼らの曲は本当にかじった程度しか聞いたことがなかったんだけど、そのあまりのパフォーマンスに圧倒された記憶がありますし、僕も30年以上色々なアーチストのLIVEを見てきましたが、確実にベスト5にはいります。1990年だから、23年前のことです。

このLIVEのあと5回日本に演奏に来てくれる。しかも、武道館でやったというのは見たかったなあ。先日のPaulもそうだけど、Stonesも恐らくメンバーの年齢を考えると、これが最後の来日LIVEという感じです。

そうそう、iPhoneのオフィシャルアプリもあるようです。

去年のLIVEはDVDにもなってます。これ見てからLIVEに行くともっと楽しめると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう