2016/06/130 Shares

これすごい充実してるーぴあSpecial Issue ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号

ぴあSpecial Issue ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号 (ぴあMOOK)

昨日はヤングギターのことを書いたので、こちらの本のことを書きませんでしたが、実はAmazonで前から予約していたぴあがローリング・ストーンズの来日記念ムック「ぴあSpecial Issue ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号 (ぴあMOOK)」が届いてまして、先ほど中身をさらっと見ましたが、すごい充実してる。

ローリング・ストーンズ8年ぶりの来日

8年ぶりにローリング・ストーンズが来日するというニュースについては去年の12月にこのブログで書いてまして、
Rolling Stones来日のニュース

僕もチケットをゲットしました。今から来日がとても楽しみなのですが、その前に基礎知識を蓄えておくのも悪くなくて、それはこの本は相当充実しているので、いい買い物をしました。

中身を紹介

さらっと中身を紹介しますと、さすがにぴあだけに過去のデーターベースが充実している。まず、表紙。

IMG_8831

 

IMG_8832

 

IMG_8833

ハイドパークのライブの写真。この写真は、結構あって楽しめます。

IMG_8834

今回の来日が発表された時の記事の紹介など。
ストーンズの要であるミック・ジャガーと

IMG_8835

キース・リチャーズのインタビュー

IMG_8836

セットリスト@ハイドパークライブ

ハイドパークのライブのセットリストは、こちらから見れますが、こちらでも記載しておきます。

  1. Start Me Up
  2. It’s Only Rock ‘n’ Roll (But I Like It)
  3. Tumbling Dice
  4. Emotional Rescue (first time ever in Europe)
  5. Street Fighting Man (by request)
  6. Ruby Tuesday
  7. Doom and Gloom
  8. Paint It Black
  9. Honky Tonk Women (followed by band introductions)
  10. You Got the Silver (Keith Richards on lead vocals)
  11. Happy (Keith Richards on lead vocals)
  12. Miss You
  13. Midnight Rambler (with Mick Taylor)
  14. Gimme Shelter
  15. Jumpin’ Jack Flash
  16. Sympathy for the Devil
  17. Brown Sugar

Encore:

  1. You Can’t Always Get What You Want (with the Voce Chamber Choir … more)
  2. (I Can’t Get No) Satisfaction (with Mick Taylor)

さすが、50年以上第一線のトップスターだけあります。アンコールの最後がSatisfactionなんてこれ盛り上がると思います^^

僕は元々洋楽を聴くようになったのはポール・マッカートニーからで、その後ハードロック、フュージョンという流れでして、あまりストーンズとの接点はなかったのですが、1回目か2回目かの来日の時にあまりのLIVEパフォーマンスに圧倒されまして、それ以来気にしている、というかかなり好きです。

去年のハイドパークでのLIVEは大変素晴らしくて、これが恐らく今度のLIVEで再現されると思うのです。ということで、


これ、iTunesで2500円。iPhoneやiPadでこれでいつでも見れます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう