2016/06/120 Shares

週刊文春好きな俳優嫌いな俳優ー女優編

週刊文春が大江麻理子さんの記事を掲載して買った文春ですが、ゲスな記事がありました。我々愚民はこういうゲスな記事が好きだし、文春もエリートぶっている割には大した記事書いてない。今週は好きな俳優嫌いな俳優の記事があったので、ちょっと見てみました。

好きな女優ベスト10

 

好きな女優のベスト10をみると、順当という感じもするけど、意外なところとしては

  • 井上真央ちゃんが入っていない
  • 米倉涼子が入っている
  • 満島ひかりと尾野真千子のが頑張っている

ところですね。

井上真央ちゃんが入っていないというのは、去年はあまり作品に恵まれてないということじゃないですかね。日本アカデミー賞にもノミネートされていないし。でも、今年は「永遠の0」とか「白ゆき姫殺人事件」に出てるから来年は期待できそう。それに、来年は大河ドラマの主役を張るわけですし。一番好きな女優なので頑張って欲しいです。

米倉涼子がランクインしているのはすごく意外。テレビ朝日しか出てなくて、これだけ評価が上がるんでしょうか。文春にも言及されてない。彼女はどちらかと言うと肉食系だから、あまり好かれないタイプだと思うのですが。

満島ひかりと尾野真千子は健闘してますねえ。特に尾野真千子は本当にカーネーションでヒロインをやって、そのくどいばかりの演技力が評価されたみたい。ただ、彼女は「探偵はBARにいる2」「謝罪の王様」とったコメディ的な演技がすごく上手。特に関西弁でまくしたてた時の凄みは素晴らしい。カーネーションの時は嫌いでしたけれども、最近は結構好きです。今度フジテレビで「極楽ガンボ」というドラマで主役をやりますけど、いいと思う。楽しみです。

ちなみに1位と3位は天然ボケキャラの二人で、これも全く問題なし。能年さんについては文春の中でのコメントでも

「まるで憑依したかのような演技をするので驚きました」
「表情の豊かさと瞳の輝きは過去に類を見ない」

全くその通りで、彼女は天才だし、その天才ぶりの嫌味もないので、本当にすごい役者が出てきたという感じです。今後の活躍が楽しみです。

1位の綾瀬はるかは、ここに来ていきなり可愛くなりましたし、SKⅡのCMとか見ると見とれちゃうほどです。去年の紅白で東北支援の曲を紹介するときの号泣したシーンが忘れられない。無垢な人なんだろうと思うし、そう信じたい。

嫌いな女優ベスト10

 

嫌いな女優だと泉ピン子がダントツですね。僕もこの人は嫌い。演技も暑苦しいし、バラエティに出た時の悪ふざけを見てても全く笑えない。なんでテレビ局はあんなものにお金を使うのかよくわからない。

2位の上戸は同性から嫌われるらしいね。僕は別になんとも思わない。このランキングを見てみると、泉ピン子以外はルックスのいい人が嫌われてる。
僕的にコメントを入れると、

  • 剛力彩芽:この人が人気がある理由がわからない。取り立ててきれいなわけじゃないし。
  • 前田敦子:AKBをやめて失敗した。ピンで女優は難しい。大島優子のほうが演技はうまい。
  • 吉永小百合:全く不明
  • 沢尻エリカ:早く悪いイメージを払拭すればいいと思うね。昔の映画とかいい味出している。
  • 武井咲:理由がわからない。凄くいいと思うけど。
  • 藤原紀香:女優としては評価してない。でもきれいはきれいだと思う。好きです。この人。
  • 広末涼子:広末さんは凄くいい表情をする女優さんで好きなんだけど、男を見る目がなさそう。
  • 黒木瞳:これはわかるなあ。特に軍師官兵衛のおねの役は、なんか鼻につく。演技、こんな下手な人でしたっけ、この人は。

まあ、僕も文春も好き勝手なことをぬかしております。すいませんです。

ちなみにTwitterではというと、

中森さんはあきちゃん好きだからね。嬉しそうです。
嫌いな女優を見ると、泉ピン子は除いて、同性から嫌われてるんですかね。武井咲ちゃんとか、いいと思いますが。難しいですねえ^^

週刊文春 2014年 4/3号 [雑誌]
文藝春秋 (2014-03-26)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう