2016/06/120 Shares

昨日の軍師官兵衛ー引き裂かれる姉妹 過剰な劇画調にややうんざり

昨日の軍師官兵衛では、官兵衛の妻と姉の嫁いだ先が敵対する状況になり…という事になり、関係者が心を痛めるという内容で、そこは戦国時代ということもあって、特に驚くことにはならないのですが、この話題が結局昨日のドラマの主題でした。

最近の軍師官兵衛でやや気になるのは、だんだん演出が劇画調になりつつあるということです。大河ドラマが劇画調になると、ドラマ自体が陳腐化してしまうのです。それは龍馬伝でも平清盛が、結局おもしろくなかったのは、劇画的な演出によって、話が前に進まなくなったりということが多々あったと思うのです。

これは具体的に言えばどういうことかというと、

  • 出演者がやたら叫び続けるということ
  • キャラクターの個性を無用に強調すること

この2点です。

出演者が無用に叫び続けること

これは、元々この頃の官兵衛という人物は冷静沈着で、どちらかと言えば自分の頭が良いということをよく知っている人物なのですが、昨日は秀吉に対しても、家臣に対しても、姉を救出する際にも、怒鳴り散らしている。

普通人間生活のコミュニケーションにおいて、叫ぶということはほとんどないはずなんですよね。見てる方は疲れるし、そもそも龍馬伝や平清盛でうんざりをしているので、官兵衛でも同じような思いをしないといけないのかと思うと、ややうんざり感があります。

キャラクターの個性を無用に強調すること

これは具体的に言うと、宇喜多直家の描写が凄く僕は見てて嫌なんですよね。前に自分の家臣を客人である黒田官兵衛の前で毒殺をしたりしてましたし、常に哄笑しているというのも不自然。昨日も哄笑し続ける宇喜多直家。しかも、家臣の前で女を侍らして酒を飲む。これって史実なんですかねえ。

歴史的に言うと、直家は基本的に毛利についているのですが、裏切りの常習者でもあり、世の中の動きに敏感であったということもあり、織田につくのですが、その時は本人が病で倒れており、秀吉や官兵衛になんとかして欲しいと哀願し、それを秀吉が受けるということになっています。また、秀吉の戦略があったにしても、直家の子の元服に立ち会い、自分の名前の「秀」を与え、その子は宇喜多秀家と名乗るに至るのですが、そういう人間風景に至るのを今後どうやって描写をしていくのか、そのあたりが非常に疑問なのです。

ところが、Twitterでは直家の評判が非常にいいのです。

しかし陣内さんの宇喜多直家すごいキャラクターだ!!気に入った。はまり役だ。 #軍師官兵衛
— 山本 (@dessters) 2014, 4月 6

宇喜多直家はほんとに不気味で怪物。陣内さん脱帽です。。#軍師官兵衛 pic.twitter.com/7Egl0FzkVa
— 官兵衛あれこれ (@kuro_izm) 2014, 4月 6

官兵衛「宇喜多直家は乱世が生んだ化け物じゃ」 とか言ってたけど、直家さまのああいうおごっているように見えて腹の底で計算しまくってる感じすっごい好き #軍師官兵衛
— あま@DIO様の血肉となる女C (@imo_to_complex) 2014, 4月 6

恐らく僕の感性が劣化してきたのかもしれません。悲しいTT
僕は、官兵衛のイメージは司馬さんの播磨灘物語で染まってるので、どうしても軍師官兵衛と比較してしまうんですよね。

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)
司馬 遼太郎
講談社
売り上げランキング: 100

 

新装版 播磨灘物語(2) (講談社文庫)
司馬 遼太郎
講談社
売り上げランキング: 126

 

新装版 播磨灘物語(3) (講談社文庫)
司馬 遼太郎
講談社
売り上げランキング: 134

 

新装版 播磨灘物語(4) (講談社文庫)
司馬 遼太郎
講談社
売り上げランキング: 142

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう