0 Shares

紳士服AOKIの詐欺商法

一部ブロガーの方が、取り上げているのですが、紳士服のAOKIが詐欺商法を行っているということで、これは、フレッシャーズ向けにスーツやバッグなどの5点セットが19000円という釣り広告で、買おうとしたら、販売分が完了したので、43600円払ってくださいというもの。

この事を記事したブロガーは僕が知っている限りは二人いまして、

これはあかんやろの、紳士服のAOKI(アオキ)とSoftBankの営業方法
AOKIが詐欺商法疑惑で炎上中

この記事のねたになったが、
紳士服「AOKI」の詐欺商法発覚

この被害にあったのが、ハンターというニュースサイトの記者のお嬢さんだったというのが、AOKIの運の尽きで、詐欺商法が記事されたというのが事の顛末です。この話には当然続きがありまして、
記者がAOKIの専務なる人物が登場してきて、AOKIの一環とした姿勢は

お詫びはするが詐欺行為は認めない――AOKI幹部の姿勢は、まさにその典型といえる。重ねて述べるが、今回は通用しない。詐欺行為を確信していた記者は、電話でのやりとりを含め、すべての記録を残しているからだ。

というもので、普通企業は、クレームがあるとこういう対応をしますね。しかし、一連の流れから言うと明らかに若者を相手に19000円で人を釣っておいて、43000円で売ろうという行為は、明らかに詐欺と言われてもしょうがない。
Twitter上では当然燃え上がっているのですが、

「AOKI 詐欺行為発覚の顛末」…これは「不当景品類及び不当表示防止法」違反。また不実証広告規制違反の立証責任を事業者に課しているので、どんどん消費者庁へ申告すればいい。この記者の遣り取りは一般人でも可能。強気で言えばいい。 http://t.co/KQrCJMj3xn
— (バ°△°ロ)–花押 (@abribarreau) April 8, 2014

AOKI 詐欺行為発覚の顛末 http://t.co/vSZfnyp7XX こういう話は,きちんと世の中にあげましょう.マネしたらやばいと思ってもらいましょう.AOKIさんは誤報なら誤報と反論したらいいと思いますよ.
— こんまさてき存在 (@masakichi2001) 2014, 4月 8

AOKIが詐欺商法疑惑で炎上中 – 激安DMで釣って通常価格で売りつける。 http://t.co/NMUw086eMDそういえば俺も入ったチラシをみてすぐ店頭に行ったけど、そんな目玉商品はなかったことがあるよ。常習犯かもしれないね。
— Ryutaro. S (@ryupon1223) 2014, 4月 8

などなど、Twitterで「AOKI」と入力すると、サジェッションで「AOKI 詐欺」ということになっていて、よほど多くの人が検索しているということがわかります。

ここでさらに問題なのは、かなり多くの人が被害を受けているであろうと思われるし、そのためにハンターが警鐘を鳴らしているのですが、大手マスコミはどこも取り扱っていない。

当然AOKIのサイトでも実店舗で詐欺行為が行われていたということが、当然記載されていない。大手マスコミとしては、AOKIはスポンサーでもあるので、気を使っているんだろうということなんだと思いますが、それではかつてのGREEと同じことであって、GREEは子どもの小遣いを巻き上げる商法でしたが、AOKIの場合は、これから新社会人や大学生になろうという人達を騙しているわけですから、そのあたりはスポンサーに左右されないNHKとか週刊誌とかが取り上げて、思いっきり追求するべきだと僕は思うね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう