2016/06/120 Shares

今年の本屋大賞は和田竜さんの「村上海賊の娘」が受賞しました

書店の店員さんが選ぶ2014年の本屋大賞は、和田竜さんの「村上海賊の娘」に決まりました。話の内容は、戦国時代対立した織田信長と本願寺の木津川の戦いで本願寺側の村上海賊が大活躍した内容のようですね。戦国時代好きの僕としてはしっかりツボにはまり、早々にアマゾンでポチりました。

村上海賊の娘とは

 

村上海賊の娘 上巻

村上海賊の娘 上巻

posted with amazlet at 14.04.08
和田 竜
新潮社
売り上げランキング: 3

あらすじはと言うと、新潮社のサイトから引用しますと、

和睦が崩れ、信長に攻められる大坂本願寺。毛利は海路からの支援を乞われるが、成否は「海賊王」と呼ばれた村上武吉の帰趨にかかっていた。折しも、娘の景(きょう)は上乗りで難波へむかう。家の存続を占って寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる! 第一次木津川合戦の史実に基づく一大巨篇。

この受賞についての和田竜さんのメッセージとプロモーションムービーが、新潮社のサイトにアップされていたので、貼り付けておきます。

 

 

第一次木津川合戦とは

ちなみに第一次木津川合戦というのは、当時今の大阪城に拠点をおいていた本願寺と織田信長が対立をしていて、織田信長が大阪湾から本願寺への補給を断つために、木津川を閉鎖しようとしたところ、直接補給業務を行う毛利と戦い、織田方が惨敗した戦いです。現代の地図を載せると、以下の様な感じ。

ちょうど大正区と住之江区の間に流れる木津川の河口で、歴史的に織田水軍と毛利水軍が戦ったもので、毛利水軍と言うのは実質的には村上水軍(村上海賊)だったんですね。これは今回はじめて知りました。

新潮社のサイトには合戦図がアップされていたので、こちらの方を見るともっとわかりやすいので引用しておきます。

この戦いに大きく村上海賊が関わり、個別的に言うと、「ブスだけれどもイケメン好きの」ヒロイン村上景(きょう)が大きく関わるという内容のようです。この本屋大賞に選ばれると多くの作品が映画化されるそうで、この村上海賊の娘の著者である和田竜さんは、のぼうの城も書いているので、更に映画にはしやすそうだし、映画の題材には最高です。織田信長という大物に、村上海賊の娘が挑むというのは絵になります。

のぼうの城 上 (小学館文庫)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 101

 

のぼうの城 通常版 [DVD]

のぼうの城 通常版 [DVD]

posted with amazlet at 14.04.08
Happinet(SB)(D) (2013-05-02)
売り上げランキング: 1,495

 

村上海賊の娘を映画化したら、ヒロインは宮崎あおいと杏がいいと思います

この村上海賊の娘を映画にしたら、ヒロインの景姫は誰がいいのかなと思って考えていたんだけど、設定として「醜女でイケメン好き」ということなので、あまりきれいじゃないけど、お転婆で、イケメン好きということなので、コミカルな演技が出来る人はだれかなと考えたら、宮崎あおいちゃんがいいかなと思いましたね。彼女だったら、篤姫の時のように迫真の演技ができるし、少年メリケンサックのようにコミカルな演技ができる。この映画を脚本、宮藤官九郎、監督が三谷幸喜だったら、凄い面白い映画ができそうだと思うけど、どうでしょうか。景姫の父、村上武吉を佐藤浩市とかおもしろそうです。いま、思いついたけど、ごちそうさんの杏もいいかもね。彼女も精悍だし。美人ではないしね。

NHK大河ドラマ 篤姫-総集編-DVD-BOX
アミューズソフトエンタテインメント (2009-03-13)
売り上げランキング: 41,085

 

少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD]
VAP,INC(VAP)(D) (2009-08-07)
売り上げランキング: 44,201

 

Twitterではというと

村上海賊の娘受賞についてTwitterではというと、まずは好意的なツィートを紹介します。

村上海賊の娘絶対面白い買おう買おうと思ってたんだけどいつの間にか大賞とってたのねこれ
— ryoya.com (@ryoya0895) 2014, 4月 8

本屋大賞 「村上海賊の娘」 読んでみようかな⁉︎😉
— SAKIのすけo(^o^)o (@sakichans358) 2014, 4月 8

村上海賊の娘も映画化するんだろーなぁ。
— あおべん (@fz0001) 2014, 4月 8

批判的なツィートはというと

昨年の本屋大賞は海賊とよばれた男(上下)今年の本屋大賞が村上海賊の娘(上下)と2年連続で上下巻。出版業界の策略を疑ってしまう、、、まぁ読んでないので面白いんだろうけど。去年の海賊とよばれた男はぜーんぜんつまらなかったけど。
— tutui miho (@tuttu34) 2014, 4月 8

「村上海賊の娘」・・本屋大賞。三原市民として、小早川城下町に住んでいる人間としては「つまらなかった」。なぜか?読めば分かるよ。#mihara
— みはら神明の里初代駅長 (@miharaROCK) April 8, 2014

村上海賊の娘ってタイトルがなぁ。村上水軍の方がカッコいいと思う。
— ナッパ (@tenjiku_195) 2014, 4月 8

それぞれ意見があって面白いですね。

過去の本屋大賞の受賞作

話を本屋大賞にもどすと、過去の実績をチェックすると、錚々たる本が選ばれてるということがわかりました。
2013年受賞作品

海賊とよばれた男 上

海賊とよばれた男 上

posted with amazlet at 14.04.08
百田 尚樹
講談社
売り上げランキング: 95

2012年受賞作品

舟を編む

舟を編む

posted with amazlet at 14.04.08
三浦 しをん
光文社
売り上げランキング: 249

百田さんの海賊とよばれた男は出光興産創業者の出光佐三のことを書いた本だし、舟を編むは辞書作りの話。今年の村上海賊の娘は歴史的にはそれほどメジャーではない村上水軍の話しといい、この本屋大賞に選ばれている作品というのは、着眼点が実に秀逸だと思うのです。着眼点が素晴らしい。

村上海賊の娘は明日にでも届くと思うので、読了後レビューを書こうと思います。

村上海賊の娘 上巻

村上海賊の娘 上巻

posted with amazlet at 14.04.08
和田 竜
新潮社
売り上げランキング: 3

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう