2016/06/060 Shares

Appleミュージックは、月額たった1,000円でどんな音楽でも聴ける革新的なサービスで、特に洋楽ファンにはお勧めです

少し時間が経ちましたが、7月1日にiOSがアップデートをして、それに伴いiTunesもアップデートして、Apple Musicを利用できるようになりました。僕も、新しい物好きなので、早速3ヶ月無料のサービスを利用してみましたが、即効でお金を払うことに決めたくらい、このサービスは素晴らしいです。特に洋楽ファンには超オススメです。

Apple Musicとは何か

Apple Musicとは何かというと、毎月1000円払えば、音楽が聴き放題のサービスで、僕も早速トライアルを申し込んで、ここ数日使っているのですが、これはすごいサービスなんです。何がすごいかといえば、色々な売り物がこのApple Musicにはあるんだけれども、やはりAppleで取り扱っている音楽は、どれでも聞けちゃうというものなのです。

とにかくiOSを8.4にアップデートすると、「ミュージック」アプリがカラフルなアイコンになっていまして、Apple Musicをトライアル利用を申し込むと、早速、この音楽聞いてみませんか?と提案してくるんです。その前に、どういうアーティストが好きなのかという登録はしますけどね。

ここ数日で、僕が提案された音楽はこんな感じ。

もう一丁!

毎日For Youの音楽コンテンツが変わっていくのです。これは毎日チェックするのが楽しみになってきました。

僕がMy Musicに追加したアルバム

ここで、Apple Musicから提案された音楽を、おお、これは懐かしいとか、買うまでもないけど、聴いてみたいというようなアルバムがあったりして、これをMy Musicに登録すると、おそらくインターネットにつながっている状況であれば、いつでも音楽が聴ける模様です。ここ数日僕がMy Musicに追加したのは、次の5枚のアルバムです。

上から、RUSHのライブ、クラプトンの昔のライブ、もうなくなってしまったけど、ロリー・ギャラガーのコーリングカード、クィーンのライブ、UFOのライブと、どのアルバムも存在は知っていましたが、どれも僕が所有をしてないのです。でも、iPhoneのミュージックアプリで、My Musicに登録すると、このように自分のライブラリーに音楽が登録されます。これは、MacのiTunesでも同じで、Apple IDでしっかり紐付いていると、きちんとそれぞれのデバイスで同期されちゃうんです。

下のスクリーンショットは、僕のiTunesのMy Musicですが、左上の4つで囲んだのが、Apple Musicで登録した音楽です。しっかりiPhoneと同期されてます。

 

Apple Musicは本当にすごい革新的なサービス

Apple Musicはなかなかすごいサービスで、今までの音楽の聴き方が根本から代わる感じがしますね。今までは、好きなアーティストの音楽だけを買っていたけれども、Apple Musicの会員だったら、月1000円払っていれば、どんな音楽でもインターネットを通じて聴けるわけでしょう。ということは、実に音楽にたいす幅が広がっていくと思うんですよね。

と言うのは、今まではこれどういう曲なんだろうという時に、試聴するしかなかったわけです。試聴と言っても1分程度でしょう。それだとその曲のサビしかわからなかった。でも、Apple Musicだったら、フルアルバムを普通に聴けるわけで、今までこんなサービスはなかったし、実に革新的なサービスだと思いました。

インターネットでApple Musicを検索してみると、無料トライアルのあと、課金されない方法みたいなライフハック系のコンテンツが表示されますけど、バカじゃないかって思いますね。音楽好きだったら、毎月たった1000円でどんな音楽でも聴けるんだから、そのくらいお金を払いなさいと僕は言いたいですね。

音楽の聴き放題サービスでCDは二極化すると思う

今後のことで思うのは、このサービスだと音楽を所有するということが無くなる可能性もあるということで、これはアーティストにとって良いことなのかどうか。間違いなくCDは売れにくくなるだろうから、CDを買う人はものすごく熱狂的な人のためのものになるか、色々とおまけを付けて、ファンサービスをしないとなかなかCDは売れなくなるような気がしますね。

でも、音楽ファンにとってはこのApple Musicは本当に素晴らしい。今後アマゾンも同じようなことをするでしょうから、今から楽しみにしてようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう