0 Shares

iTunes Matchを買ってみました

AppleのiCloudのサービスの一環であるiTunes match。前から気になっていたのですが、昨日遂に僕も導入してみました。僕の場合は音楽は1500曲ほどなので、1時間もかかわらず完了しました。

iTunes Matchとは何か

そもそもiTunes Matchとは何かというと、itunesで買った音楽はもちろん、CDで取り込んだ音楽データーをiCloudに保存をして、それをMacやiOSのデバイスでストリーミング再生をして音楽が楽しめるというものです。このイラストがすごくわかりやすい。

つまりインターネットに接続している環境であれば、いつでもどこでも音楽が楽しめるというものです。

この仕組に僕がどういうメリットを感じたかというと

  • 音楽データーのバックアップ
  • デバイスのディスク容量を増やすことができる

この二つです。

申し込みから完了まで

このiTunes Matchを購入する際には、色々と問題があって、問題というのは、これを購入するときに、クレッジカードで決済するか、iTunesカードで買うかどちらかになるのですが、その際にiTunesカードのチャージがあるのに、クレジットカードの番号を入力しろという面倒なことにぶち当たりました。

僕としてはできれば、クレジットカードを使いたくないので、どうしたものかと思ってAppleのサポートに方に何度も面倒なことを相談をしたのですが、担当者が見事に対応してくれて、これは感激。昔のAppleのサポートはお世辞にもいいとは言えませんでしが、今は素晴らしい。特に今回、僕を担当してくれた方の対応は完璧でした。Appleのブランドが僕の中で思いっきり上がりました。

で、iTunes Matchですが、早速iTunesから申込と同時に、

音楽ライブラリの読み込みが始まり、

次に曲のマッチングが行われ、

アートワークのアップロードがおわり、

これで完了です。

データー無しで音楽が聴けるようになった!

この状態だと、iPhoneにもiPadにも音楽データーが残っている状況なので、
設定>ミュージックでiTunes Matchをオンにして、
そのあと、設定>一般で音楽データーを削除すると(iPhoneは万が一インターネットに繋がらない状況で音楽が聞けなくなるのは困るので、削除せず、iPadのデーターを削除しました)、

見事に音楽データーがなくなりました。早速音楽をかけると、

ちゃんとアートワークも表示されて音楽が流れています。

iPadで音楽を聴く状況は、基本的にWi-Fiの環境でストリーミングということになり、曲の始まりにややもたつき感があるにしても、それほど違和感があるほどではありません。これで音楽データーの保存で心配することもなくなったので、安心しました。価格をもう少し安いといいかなという感じがしないでもないですが。

追記

先日、音楽データーの入ってないiPadをiPhone5のテザリングでインターネットにつなげている時にiPadで音楽を聞きましたが、全く違和感もなく、普通に音楽が聴けて、何かマジックを体感している感じがして、iTunes Matchを購入して良かったです。色々とありがとうございました、AppleのK様。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう