2016/06/110 Shares

大河ドラマ「花燃ゆ」の新キャストが発表になりました

引用:cinemacafe.net

軍師官兵衛の後の大河ドラマは井上真央さん主演の「花燃ゆ」ですが、その新キャストが発表になりました。だんだん色々な人が出てきました。

今回発表になったのは、

  • 吉田松陰:伊勢谷友介
  • 高杉晋作:高良健吾
  • 久坂玄瑞:東出昌大

です。

歴史的に吉田松陰が松下村塾で一番買ったが、高杉晋作と久坂玄瑞で、ふたりともどちらかと言うと、天才肌の人物です。

伊勢谷友介

 

伊勢谷友介さんは龍馬伝で高杉晋作を演じましたが、龍馬伝自体はお話しにならないくらいひどかったけれども、この人の高杉晋作は本当にかっこ良かった。結構尖すぎる人なので、教育者の雰囲気を出せるのかなあと思ったりしてます。井上真央ちゃんはこの人の妹役ですから、すごく重要な役なので、期待したい。

高良健吾

高良健吾くんは、おひさまで井上真央ちゃんと夫婦役をやっています。すごく良かった。

彼は役者として非常に幅の広い演技ができるので、たとえば今話題の花子とアンの吉高由里子の映画デビュー作「蛇とピアス」で完璧に崩壊している少年とか、やたら暴力的な「軽蔑」のカズ。

あとは、名作「横道世之介」のひたすらいい奴役も見事に演じている。僕は彼のことはすごく好きです。彼の高杉晋作はぜひ見たい。

東出昌大

東出昌大くんは、NHKに愛されているという感じがすごくしますね。「あまちゃん」でも若い時の大吉役を演じましたし、「ごちそうさん」でもヒロインの夫役を好演している。僕自身は「桐島部活やめるってよ」の

東出昌大くんが良かったけど、彼が久坂玄瑞をやるということで、どうなんですかね。久坂玄瑞はかなり熱血漢だった人だったから、見た感じのんびりした雰囲気のあるひとだから、どれだけ東出昌大くんらしい久坂玄瑞ができるか注目したい。

ニュースの報道は

ニュースの結果は以下のとおり。

    1. NHK ‎- 19 時間前
      来年放送されるNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の新たな出演者3人が発表され、主人公の兄で幕末の思想家、吉田松陰の役を伊勢谷友介さんが演じることになりました。 「花燃ゆ」は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹、文を主人公に、 …

    花燃ゆ」の他のニュース

 

このキャスティングに対するTwitterでの反応

このNHKの発表に対するTwitterはどうなっているかというと、

東出昌大に高良健吾か。しかし…伊勢谷さんは龍馬伝の高杉晋作のイメージが強すぎて(・・;) Reading:大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰役に伊勢谷友介さん NHKニュース http://t.co/7eg75pPeK2
— ジュイス (@Juizno22) 2014, 6月 12

僕と全く同じことを考えてる人がいました。やっぱりそうですよね。

伊勢谷友介に東出昌大に高良健吾、さらに大沢たかおってイケメン揃いすぎてて気持ち悪い(ぉ > 大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰役に伊勢谷友介さん NHKニュース http://t.co/HxlZNzeQld
— takezo (@takezo116) 2014, 6月 11

確かにイケメンが多すぎるというのは、どうなのと思うけれども、八重の桜と違って一応みんな演技派というのがまだ救いです。

Reading:大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰役に伊勢谷友介さん NHKニュース http://t.co/1Gbx5dRLmh 今キャスト知った。伊勢谷君はすごく楽しみ。後は個人的にはそそられないな…。朝ドラ好きだけど。
— Anaïs Bisenco(びーせんこ) (@bisenco) 2014, 6月 11

伊勢谷友介人気があるね。全体的には好意的な内容です。

大河ドラマに望むこと

まあ、大河は篤姫以来本当にダメなので、ここはしっかりやって欲しいという感じがするし、あまり井上真央ちゃんが文という主役だけれども、歴史的に全く無名だし、取り立てて何かをやったわけでもないので、彼女の目で見た長州というものを表現したほうがいいと思いますね。

あまり主役だけをクローズアップしてしまうと、創作に頼らざるを得なくなるし、そうすると歴史を扱うドラマだから、現実感がなくなるというか嘘っぽくなるんです。僕は井上真央ちゃんの大ファンだから、ドラマが失敗して彼女のブランドが下がるようなことは絶対にないようにして欲しいと思うのです。あと、長州の話になるわけだから、桂小五郎を誰にするかというのも重要。上の二人が無茶をするので、常識派だと誰がいいですかねえ。松たか子のお兄さんとかいいかもしれない。あと、花子とアンの村岡印刷さん役の鈴木亮平とかいいかも。

司馬遼太郎さんが吉田松陰と高杉晋作を主人公にした作品がこちら。

司馬 遼太郎 文藝春秋 2003-03-10

この記事が気に入ったら
いいね!しよう