0 Shares

鈴木章浩都議のセクハラやじ事件の解決者はインターネットだったと思う件

先週の水曜日に、塩村文夏議員に対してセクハラやじを飛ばして、早速誰が野次を飛ばした!?ということになっていましたが、結局週明けの今日、事態は一変して、結局鈴木章浩都議が私が言いましたと「白状」させられました。

塩村文夏議員のツィート

このニュースが出てきた時に、一気にマスコミが飛びついたのですが、この件で一気に拡散されたかということを物語っているのは、塩村文夏議員のツィートをみればよくわかります。

都議会での初の一般質問。妊娠、出産に関わる不妊など女性の悩みについて質問中に「お前が結婚しろ!」「産めないのか?」など、大変に女性として残念なヤジが飛びました。心ない野次の連続に涙目に。政策に対してのヤジは受けますが、悩んでる女性に対して言っていいとは思えないです。
— 塩村あやか(みんなの党 東京都議会議員) (@shiomura) 2014, 6月 18

8,000件以上のリツィートということもあり、更にそのユーザーのフォロワーがリツィートをの数を含めるとものすごい数になります。

更には僕も参加をしましたが、インターネット上の署名においても8万件近く集まりました。しかも、海外の報道でも、CNNやロイター、ガーディアン、ウォール・ストリート・ジャーナルなどにも報道され、自民党の都議連も、なんとかなるだろうとたかをくくっていたけれども、結局外堀を埋められてしまいました。

差別は絶対にしてはいけないってことが50にもなってわからない鈴木

それにしても、「差別」というものがどれだけ多くの人から反発を受けるということが、この鈴木章浩にはわかってなかったようです。NBAのクリッパーズのオーナーが、黒人差別発言をして、永久追放されているし、韓国の人たちが我々日本人を嫌うのは、日本が韓国を植民地にしている時に、彼らを差別したというのも、その一因だと思うのです。

すでに特定されていた鈴木

しかも、今回の塩村文夏議員に対するやじは、女性に対して、まあ、それを言っちゃあおしまいよというもので、結局世界中の女性を敵に回してしまった。しかも、鈴木の脇が甘いのは、このセクハラやじ事件が起きた時に、マスコミに嘘をついてるんですよ。

ヤジ都議認定へ声紋分析 辞職も要求へ

塩村都議がやじを聞いた周辺に座っていた自民党の鈴木章浩都議(51)は「私を含め両側ではない。寝耳に水」。「(発言者は)議員辞職に匹敵するか」との問いには「そうでしょうね」と話した。都議会自民党の吉原修幹事長は「昨日(19日)から個別に聞いている」と調査を始めている。

あたかも自分がやってないかのような発言をしているけれども、日刊スポーツにしても、ああ、こいつが言ったに違いないと思ってインタビューをして、言質を取るつもりであることは明らかだったし、6月21日には尖閣諸島に上陸したS議員じゃないかと、すでに推定されていました。
都議会セクハラ野次 犯人疑われる自民議員の支離滅裂釈明

しかも鈴木のOfficial Facebookページは炎上中。

ご本人は、今後の都議をやろうとしているようですが、ちょっと無理じゃないですかね。早く結婚したほうがいいんじゃないかなんていうのは、言われたほうが大きなお世話だし、ずっと逃げまわって、外堀を埋められてやっと名乗り出てくるというのは、そんな人に都政は任せられないし、都議選になっても勝てないでしょうね。しかも、世界中に日本はセクハラが横行していると思われてしまって、礼儀正しいと言われる日本が、セクハラ日本と思われてしまった。一方的に鈴木をぼこぼこにするのも気が引けるけれども、ちょっと救えない感じがします。

日本中を敵に回してしまった鈴木章浩

この騒動で、都議連の吉原幹事長、鈴木本人が会見を開きましたが、それに対するツィートは正直、この人には厳しいものです。

鈴木章浩自民党都議、「少子化ゆえ女性には早く結婚して頂きたいという思いから、あの野次になってしまった」と繰り返し釈明。女性は早く結婚しろという考え自体が問題だとわかっていない。自らの意志で独身を選ぶ女性もいる。多様な生き方を認めないまま議員を続けるつもりか
— 渡辺真由子 (@mayumania) 2014, 6月 23

【速報】東京都議会本会議で女性議員に対して「早く結婚した方がいいんじゃないか」と差別的ヤジを飛ばしたことを認めた自民党・鈴木章浩議員が謝罪会見。会見場では現在「早く議員を辞めた方がいいんじゃないか」とのヤジが飛び交っています。(虚構新聞社/15:50発表)
— 虚構新聞速報/編集部便り (@kyoko_np) 2014, 6月 23

【鈴木章浩都議の謝罪会見】記者「あなたは昨日、性差別やじを飛ばした議員は辞職すべきと言いましたね」鈴木章浩都議「記憶にございません。私は辞職いたしません」‥‥って、おいおいおいおいおーーーーい!!
— きっこ (@kikko_no_blog) 2014, 6月 23

こういう時のインターネットの伝達の早さはすごいですね。その力も鈴木や自民党の都議連は計算に入れてなかったみたい。別の意味で小保方さんの時と一緒でしたが、当分魔女狩りが続きそうですね。お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう