0 Shares

ソニーワイヤレススピーカーシステムSRS-BTVが到着!

特に新しいモノではないのですが、先日注文したソニーのワイヤレススピーカーシステム「SRS-BTV」が到着しました。早速開封しましたが、思った以上に小さいし、ソニーらしい気配りもあり、喜んでしまいました。

僕の音楽に対する願望

もともと音楽が好きなので、その音楽もパソコンとiPhone、iPadで管理をしていて、たまにはイヤホンではなくて、オープンな環境で音が聞きたいというニーズが僕にはありました。

それとコードが絡むというのも嫌なので、できればワイヤレスのスピーカーが欲しい。しかもできれば安くて、スタイリッシュなものはないものかという願望があり、できればそれほど音質にはこだわらないので、安価なものがいいというのが僕の条件。

ソニーに決めたのは、コスパとブランドイメージ

そこでAmazonで「スピーカー Bluetooth」で検索をしてみると、

候補にあがったのが、左上から

ロジクールは実は買いました、安かったから。ところが!コードレスではないのです。なんでBluetoothって入れてるのに、検索条件のトップに出てくるんでしょう。まあ、安いし、後悔はしてないけれども、当初のコードレスからははるかに逸脱しています。

そこで、山善かソニーのどちらかにしようと思って、同じ球体だし、スタイリッシュだし、山善は防水がしっかりしているからお風呂に浮かべて音楽などが聴けるというもので、すごく優れものであることはわかるのですが、ブランドとしてソニーのほうがイメージがいいし、長風呂しないし、黒がいいということもあり、ソニーのスピーカーにしました。

とにかく小さい!

注文したら、あっさり翌日には届き、早速開封すると、とにかく小さい!

11インチのMacBook Airにおいてもこんな感じ。

サイズ的には縦横高さ、6.5cmといったところです。

更にさすがソニーだな~と思ったのは、スタイリッシュなケースが同梱しています。

当たり前のことですが、スピーカーがすっぽり入ります。モバイルスピーカーというのは画期的なことじゃないでしょか。

上から見ると、

Bluetoothのスピーカーなので、スピーカーの電源をつけてMacから探すとあっさり見つかりました。早速音楽が聴けました。この簡単なところがいいです、手間がかからない。これはとてもいい。気に入りました。

マニュアルを見ると、

電話をかけたり、受けたりすることもできるそうです。おまけの機能としてはとてもいいと思いますね。

ソニーらしさを体現している商品だと思う

先日新生VAIOについて、色々と書きましたけれども、技術者のこだわりというのはわかるけど、重要なのはこういう小技の妙味があるかということだと思うのです。このスピーカーだって、それこそ凄いスピーカーと比べたら使い物にならないでしょうけれども、普通に音楽を聞くんだったらこれで十分。しかも場所も取らないし、コスパもいいというのであれば、十分僕のニーズに合致しました。

SONY ワイヤレススピーカーシステム ブラック SRS-BTV5/B
ソニー (2012-10-20)
売り上げランキング: 228

この記事が気に入ったら
いいね!しよう