0 Shares

今日のGoogleはベルリンの壁崩壊25周年

今日のGoogleロゴは久しぶりのアニバーサリーロゴでした。マウスオーバーをすると、「ベルリンの壁崩壊25周年」ということで、早速チェックしてみました。

クリックした後は

まずはこのアニバーサリーロゴをクリックすると、ベルリンの壁崩壊の際の動画が流れます。ロゴマークの右上の検索ボタンをクリックすると、

ベルリンの壁崩壊関連ニュース

ニュースでもすでに下記の通りWebでは報じられています。

ニュース トピック

  • ベルリンの壁崩壊から25年
    Market Hack – 1 時間前

    今から25年前の1989年11月9日ベルリンの壁崩壊しました。当時僕はS.G. ウォーバーグというイギリスの証券会社に勤めていて、たまたま出張で日本に行ってい ました。「ベルリンの壁が倒壊したぞ!」というニュースで東京証券取引所に …

  • 「ベルリンの壁崩壊」の他のニュース

    Twitterでベルリンの壁を画像検索してみた

    Twitterでベルリンの壁を画像検索してみると、やはり世界史レベルの出来事でしたから、沢山出てきます。このブログでは「壁」を中心にご紹介をしたいと思います。

    今日はベルリンの壁が崩壊した日。まさか教科書に載っている事件が目の前で現在進行形で進攻している状況に、「今歴史が動いているのを目撃している・・・」と身震いしたのを思い出します。 pic.twitter.com/XE3JcLkTab
    — 幻想迷宮@なっつん/日曜(西)け08a (@zbv875) 2014, 11月 9

    本日はベルリンの壁が崩れて25周年! あの歴史的な映像は、何か新しい時代がやってくる!と感じてゾワゾワしたなあ…。ちなみに今の壁はこんなでした。(担当M) pic.twitter.com/xRfCFqpeAu
    — 『ダーリンは外国人』@7月18日新刊発売 (@ogurisaori2014) 2014, 11月 8

    ベルリンの壁崩壊から25年 http://t.co/vxRsyAtdpRかつて街を分断していた全長158キロの壁は四半世紀の間にその姿をすっかり変え、有刺鉄線やマシンガン用の砲塔、戦車も配備されていた25年前の中間地帯はもうない。 pic.twitter.com/7xH1sp27D1
    — Yasuhiro Takeuchi (@y_takeuchi_) 2014, 11月 8

    商業地区に生まれ変わったポツダム広場、90年代に修復されたブランデンブルク門など。以前と現在の様子を写真で比較⇒ベルリンの壁崩壊から25年―写真で見る今むかし http://t.co/yDe9WJaSCr pic.twitter.com/aDDW4JqvLT
    — ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (@WSJJapan) 2014, 11月 7

    先ほどのブランデンブルク門。通常のライトアップと思われますが、9日はベルリンの壁「崩壊」25周年の式典。関連機材の搬入が始まっていました。崩壊という言葉には違和感を覚えます。自然に崩れたのではなく、自由への渇望が崩したからでしょうか。 pic.twitter.com/kKYtPcHKkj
    — 冨永 格 (@tanutinn) 2014, 11月 6

    ベルリンの壁の崩壊については、今でもよく覚えていますが、当時のソ連のゴルバチョフ書記長が登場して、ペレストロイカやグラスノスチといった開放政策を取ることによって、社会主義がもたらした硬直性を大いに緩和し、それがあまりに緩和したことでソ連をはじめ東欧諸国の社会主義体制が一挙に流れのように崩壊しました。

    当時は資本主義国家と社会主義国家が対立する東西冷戦体制でしたが、この開放政策によって一挙に社会主義体制が崩壊。ベルリンの壁の崩壊はその象徴的なものでした。

    ベルリンの壁崩壊25周年#googledoodleのハッシュタグでは

    今日のアニバーサリーロゴについては、Twitterではどのように取り上げられているかというと、

    このことを歴史としてしか知らない世代も多いんだと思うと隔世の感がある。 ベルリンの壁崩壊 25周年 #GoogleDoodlehttps://t.co/N78VrbzTBl
    — KARA chan (@tokyo707) 2014, 11月 9

    ベルリンの壁崩壊 25周年 #GoogleDoodlehttps://t.co/VAcNR6HpWl 知らなかった…壊された壁は世界中に配られていったんですね。感動。再び悲しみが繰り返されないことを心から祈ります。祈ることしか出来なくても、祈ります。
    — なな@フリーゲーマー (@nicejoker159) 2014, 11月 9

    絶対に変わらないと思っていたことが、ある日突然変わることもあるんだなと感じたことを覚えてる ベルリンの壁崩壊 25周年 #GoogleDoodlehttps://t.co/7p4ipgH1ia
    — ぶりしん (@burishin_snj) 2014, 11月 9

    ベルリンの壁崩壊 25周年 #GoogleDoodlehttps://t.co/6QIDOcRxyK 今日でベルリンの壁が崩壊して25周年なんですね。ゴルバチョフ元大統領がペレストロイカを行っていなかったら、ベルリンの壁、ヨーロッパ、そして世界はどうなっていたでしょうか。。。
    — 尾崎 歩夢 (@AyumuOzaki) 2014, 11月 9

    グーグルのロゴが、ベルリンの壁崩壊25周年バージョンとなっています。感動的な動画になってますね。 #GoogleDoodlehttps://t.co/rR9kVtOCqn
    — Koji Haruna (@k_haruna) 2014, 11月 8

    日本にも宮古島にあるベルリンの壁

    ネット上では日本にベルリンの壁はないという人が見受けられたりしたんですが、8年前に宮古島に行った時に「うえのドイツ村」にベルリンの壁が展示されてました。
    その時の写真です。

    真偽の程はと思って、ウィキペディアでチェックをしてみると、やはり僕の記憶は正しかったようでして、引用しますと、

    とくに重要な施設としては寄贈された2枚のベルリンの壁がある。壁は高さ4.3メートルのコンクリート製、西ベルリン側(正面)には大きな落書きがあり、底部は東ベルリン側がより長くL字形になっており、底を掘っての逃亡を困難としている。この壁は東ドイツ通商公社が共産軍基地内に保管していた、ベルリン分断の象徴となったブランデンブルク門前に設置されていた無傷の壁52個の中から選んだものである。

    というもの。ですので、この僕が撮ったこの写真は本物のベルリンの壁だということがわかり、安心しました^^

    ベルリンの壁崩壊関連図書など

    ベルリンの壁崩壊に関する関連図書などは当然歴史的な事象ですから、色々とありまして、アマゾンで検索すると、こんな感じの検索結果。

    トップ3をご紹介します。

    ベルリンの壁―ドイツ分断の歴史
    エトガー ヴォルフルム
    洛北出版
    売り上げランキング: 402,075

    NHKスペシャル こうしてベルリンの壁は崩壊した ヨーロッパピクニック計画 [DVD]
    NHKエンタープライズ (2009-10-23)
    売り上げランキング: 37,057

    ベルリンガイドブック (GEM STONE)
    中村 真人
    ダイヤモンド社
    売り上げランキング: 23,786

    ベルリンの壁の崩壊はリアルタイムで体験しましたが、25年前の今日だとは知りませんでした。動画などを見ると、当時の緊迫感を思い出します。今日もグーグル様のおかげで一つ勉強になりました。ありがとうございます^^

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう