2016/06/090 Shares

能年玲奈さんのかんぽ生命のCMの新しいバージョン

かんぽ生命CM 能年玲奈

あまちゃんの活躍で一躍若手トップの女優に躍り出た能年玲奈さんのかんぽ生命のCMが新しいバージョンが登場していて、ひとつはすでにテレビで放映されてます。Twitterでもどのような話題になっているのかチェックしてみました。

二つパターンがあるCM

今回のCMは二つパターンがあり、

「ドジ篇」

 

かんぽ生命CM「ドジ篇」 能年玲奈

 

「いいこと篇」

 

かんぽ生命CM「いいこと篇」 能年玲奈

があり、テレビでは「いいこと」篇が放映されてますね。

かんぽ生命ー能年玲奈CM「ドジ篇」

まずは、「ドジ篇」からご紹介。

能年さんはあまちゃんで母親役だったキョンキョンに平成のコメディエンヌと言われたくらいですし、年末の映画「海月姫」でのオタク役と言い、おかしな役を演じると若手で彼女の右に出る人はいません。こちらの演技も素晴らしいです。特に驚きの表情は絶品
スクリーンショットも撮りました。

 

かんぽ生命CM「ドジ篇」 能年玲奈02

 

 

かんぽ生命CM「ドジ篇」 能年玲奈04

 

かんぽ生命CM「ドジ篇」 能年玲奈05

 

かんぽ生命ー能年玲奈CM「いいこと篇」

 

かんぽ生命CM「いいこと篇」 能年玲奈01
かんぽ生命CM「いいこと篇」 能年玲奈02
かんぽ生命CM「いいこと篇」 能年玲奈03

 

かんぽ生命CM「いいこと篇」 能年玲奈04

 

かんぽ生命CM「いいこと篇」 能年玲奈05

 

Twitterではかわいい!という声、多し

Twitterでは能年さんのかわいさが、やはり話題に登ってます。ちょっと好きな人にとっては(僕も含めてですが)、この人のルックスの良さは別格というか、限りなく天使に近いのです。

twitter.com/sanjou_jp/status/531804060345581568

まとめ

僕はあまちゃん以来能年玲奈さんに夢中でして、こんなピュアな人はいないと思っていまして、また、彼女が所属するレプロエンタテインメントが映画中心に出演させるという戦略は大賛成。

芸能マスコミは、若春子役を公演した有村架純の場合の事務所の方針と真逆の戦略をとっていることで、差がついたというようなことを書いているけど、有村架純ちゃんも僕は好きですが、女優としての「華がある」という点では、能年さんには勝てないと思うのです。つまり、女優の可能性としては宮崎あおいや井上真央ちゃんレベルなので、同世代では圧倒的な存在だと思いますから、レプロエンタテインメントは今の路線を進めて欲しいです。

それに、民放のドラマとか出ると、NHKや映画の脚本力が低いので、彼女自身のブランドが落ちないか心配です。CMに関しては、かんぽ生命の「イメージ広告」に出演していて、しかも出来がいいということもあって、ますます彼女のブランドが上がるので、ファンとしてはとても喜ばしいところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう