0 Shares

Google日本語入力のIME

Googleが今度は日本語入力のIMEを開発しました。新しいもの好きの僕としては、早速インストールをしてみました。

http://www.google.com/intl/ja/ime/index.html

使った感想としては、いわゆるGoogleの検索サジェスチョンを落とし込んでいる感じで、なかなか評価が難しいところです。つまり、使った感じとしては、まだまだこれからなのかなというのが率直な感想。特に漢字変換がだめ。ただ、サジェスチョンで日本語を変換するというのは、ソニーの携帯電話の日本語入力がそんな感じで、結構それは使い易かった。ま、これはこれから開発されるGoogleのOSと絡んでいると思います。

すでにGoogleの公式ブログではこのことがアナウンスされています。

http://googlejapan.blogspot.com/2009/12/google_03.html

僕としては、正直に行ってGoogleという会社はそんなに好きではないのですが、ただ、こうも新しいことをやってマーケットを変えていこうとする姿勢には脱帽せざるを得ません。この日本語変換については、Googleの検索で蓄積されたキーワードのDBが使われているようです。

これで思ったのですが、Googleは、Googleドキュメントでオフィスアプリケーションを提供していますが、ここでユーザーが使っている機能をDB化して、それを機能に組み込んでいけば、ユーザーの使い勝手のいいアプリケーションができるんじゃないかと思ったりしてます。

今、評判のクリスアンダーセン氏の「フリー」という本があります。僕は、みんなが評価するほどすごいとは思わないのですが、それでも面白い記述があって、Googleの社員の人達はどうすれば無料のサービスを提供してお金を集めるためにはどうしたらいいのかということを一生懸命考えてみるみたいです。それはそれですごい。

結局こういう新しいことをしていくというのは、マイクロソフトは痛いでしょうね、きっと。日本語入力の開発はかなり大変だと思うのですが、それをまた無料で提供してしまうというところに、人が手間暇をかけて作ったものには対価が生じるというのは、当たり前のことをぶっ壊そうとしてるわけで、これから有料のサービスと無料のサービスを展開していく企業の争いは進んでいくでしょう。

インターネットが誰でも利用できるという状態で、多くの人が集まるためには

  • 敷居を低くして
  • そのサービスにはヘルプが不要である

ということが、無料のビジネスをしていくためにはどうしても必要なところで、マイクロソフトについて言えば、何をするにしてもお金がかかるわけで、これは経済においては当たり前のことですが、そのま逆のことをGoogleはやろうとしているわけで、どういうせめぎあいになるのかこれからが楽しみです。

ちなみにこの情報は、Twitterでゲットしました。恐るべしTwitter。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう