0 Shares

Google Public DNS→インターネットが速くなった!

僕はほとんど技術的なことはよくわからなくて、ネットワークが分かる人やシステムを開発出来る人は本当に尊敬してるし、デザイナーがPhotoshopを使っている時なんかはもううっとりしてしまいます。

だからというわけでもDNSと言われてもよくわからなくて、本来IPアドレスと言われる数字をホームページのアドレスに変更することだっけ?という感じでほとほとこのことがよくわかりません。

今日はブログをいろいろとチェックしていたら、目に止まったものがあり。

dolipo使ってるMacにGoogle Public DNSを設定したらブラウジングが激速になった

お?という感じで、Googleが新しいサービスをはじめて、このDNSを設定するとインターネットの速度が速くなるという話は聞いていましたが、DNSという言葉になると僕には縁のない話だと思い、避けていました。

ただ、このブログを見てみると実に簡単。インターネットで使うDNSをGoogle Public DNSに指定するだけなのです。設定の仕方は、本当に簡単。僕でもできたわけですから。やり方はこのページを見て僕も設定しました。

Googleの無料パブリックDNSサービス「Google Public DNS」を使ってネットのアクセス速度を上昇させる方法

一応スクリーンショットをアップしておきます。

で、設定したあとの感触は、確かに速くなりました。僕はブラウザはGoogle Chromeをメインで使っているので、このブラウザ自体が他のブラウザよりもずっと速くて軽快なんだけれども、重いブラウザのインターネットエクスプローラーでヤフーを表示させてみたら、ほぼ瞬時に画面が表示されましたよ。

こちらの速度の実験をしている人がやっぱりいらっしゃって、

Google Public DNS(無料DNS)によるネット高速化の考察

この方は、pingで速度を測定をされたそうで、

海外は速くなるとは思っていたが、国内では更にそれを上回り、Yahooが約2倍程度。Googleは3倍以上の結果となった。

もちろん、加入プロバイダのDNSの状況などによって、どなたの環境でも、上記のように必ずしも速い結果が得られるとは限らないが、逆にこれ以上に速い結果が得られるかも知れない。

とコメントされています。たしかに速い。

いやー、グーグルという会社は好きじゃないけど、やることがすごいな。

Google Public DNS公式サイト

こちらは英語で書かれているので、GigaZineでわかりやすく説明されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう