0 Shares

勝間和代というマーケッター

勝間和代さんは、もうビジネス書ファンに取ってはもう神様のようで、彼女自身もマスコミや著書など大活躍というしかなくて、傍から見ているとなんとも羨ましい限りです。

僕は以前に自分をGoogle化する方法という本を書かれていて、僕はこの本はすごく名著で、仕事を効率化して、かつ、効果の高い方法をあれほど具体的に書かれている本はないと思ってまして、これは若い人達に勧めました。

彼女は、この本をきっかけにどんどん上昇して行くのですが、彼女のすごいところは、本を読んでこれはいい!ということを実行するということですね。本にはいいことがたくさん書いてるあり、それなりに感銘を受けるのですが、実際に成功をしている人というのは、それを素直に実行するかしないかこの違いだと思います。

例えば、彼女はある本でフォトリーディングという速読の方法があることを知ります。

このフォトリーディングというのは、本に書かれていることをカメラのように写真を写すような方法で本を読むやり方で、この方法をマスターすると本を速く読めるようになるそうです。彼女は、これを素直に実行して多くの本を圧倒的な速さで読破できるようになりました。このある本というのは、神田昌典さんの非常識な成功法則という本で、これも抜群に良著なんだけれども、実は同じ時期に僕もこの本を読み、フォトリーディングに関心をもち、試してみたのですが、これは僕には続かなかった。ここが僕と勝間さんの大きな違いですね笑

それで、この勝間さん、「目立つ力」という本を出してます。この本は、彼女がブログで上昇したということを丹念に書いてあって、簡単にまとめると

  • ブログの読者を決める
  • 多くの人を利用する

ということです。

マーケティングの立場から言うと、一番大事なのは起こったことへの分析をして、そこで発生する問題を解消するための方策を立て、それを実行したあとにもう一度検証して、そこから新たな仮説をたてるということが一番大事ですが、その前に顧客は誰であるかということを明確にすることをしなければ、柱がなくなってしまいます。なので、彼女が本に書いてあることは当たり前のことで、特に本に書かなければいけないことでもないです。そういうの内容ですから、アマゾンの書評も散々です。

多くの人を利用するということは、彼女のセミナーに行けば分かりますが、セミナーの感想をブログに書いてくださいと彼女は言います。あとでは私がチェックさせていただきます!ということをいいます。結局、素直な人は、勝間さんのセミナーについてブログで感想文を書きます。中には彼女のブログにリンクを貼る人もいるでしょう。

ウェブサイトの優劣を測る指標として、バックリンクというものがあります。リンクを貼るという行為は、ここは注目できる良いサイトだよという事になりますから、検索エンジンの評価があがります。今から考えると、そのセミナーに出た人は、まんまと勝間さんのブランディングを上げることにいつの間にか手伝っているということになります。これはすごく巧妙なり方出し、さすがに頭のイイ人と言わざるを得ない。僕はこのことがわかってから、彼女を見る目がものすごく変わりました。

最近は、彼女はツイッターに注力を入れていて、僕もフォローしてみましたが、延々と自分の著作やテレビ出演のアナウンス。これだけです。自分から情報を新しい情報を発信をしていますから、彼女のファンはなにかしら彼女に関連するところに飛んで行きます。これは本当に頭のイイやり方だと思いますね。

だから、ツイッターというものはECサイトで使えば、ものすごく有効だと思いますよ。

今日、あるECサイトの運営の件で、打ち合わせに行ってきたのですが、ブログとツイッターは連動できるし、即効性がツイッターにはあるので、これは有効に使わない手はないと思います。そう考えると勝間さんがやろうとしていることは、ブランディングを向上するということを考える事、これはほぼ模範的なやり方だと僕は思います。ま、僕は一緒に踊らないけどね。

今回紹介した本

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
神田 昌典
フォレスト出版
売り上げランキング: 775

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2344
目立つ力 (小学館101新書 49)
勝間 和代
小学館
売り上げランキング: 2413

この記事が気に入ったら
いいね!しよう