0 Shares

猫について

関係ないことなのかもしれないけど、ブログだと犬よりも猫を扱っているのが、多いような気がしますけれども、どうでしょうか。

少なくも、面白い写真ということになると、猫の方が面白いと思う。

僕は、子供のころから猫を飼っていて、それがもとで僕の友人というか相方にも影響してしまい、大変な猫好きになってしまった。特に、前に住んでいたところに祠に住みついた猫がいまして、この猫は三毛なんだけれども、人懐っこい猫で、夜とかその祠の前を通ると、一人暮らしらしきOLが膝の上にその猫をおいて撫でてる光景を何度もみました。僕も、その祠の前をとおって、この猫がいると、「やあ」と声をかけ、その猫も「にゃー」と返す、そういう関係でした。

この猫には色々な挿話があって、ある日、突如この猫がこの祠から姿を消してしまいました。どうしたのかなと思っていたら、数日後その祠に置手紙があり、猫が口内炎になったためある人が動物病院に連れていったんだそうです。そして、あの寒い環境に置いておくと死んでしまうという動物病院の先生に言われ、結局家猫として飼われることになりました。この話を友人の仙人に話しをしたら、五木ひろしよりも細い眼をさらに細めて泣いてました。その後、寿命ということもあり、亡くなったというのは、この動物病院の先生にききました。この猫です。

それで、たまに写真とか撮ると、猫の方が絶対に面白い写真が撮れる。最近だと、これはiPhoneで撮影したものだけれども、結構受けました。

これは猫の後ろのテレビのテロップに注目。僕は友達に指摘されて気がついたんだけれども、こういう偶然性が犬よりも猫の方が多い。

で、たまたま友人がYahooで「ほっかむりコンテスト」をやっているから、見てほしいと言われて、そうしたら3位の子が凄く可愛くて、飼い主さんがブログを書いてるらしくて、そのブログを見てみました。耳が立っているけれども、スコッティッシュフォールドらしくて目がくりくりしていて大変可愛いです。

Yahoo「ほっかむりコンテスト」
みるくのしっぽ

あと個人的に好きなのは、チワワとトラねこ。トラねこの政宗君最高です。

それで僕が書きたかったのは、みるくの飼い主さんが面白いネットのコンテンツを紹介していて、それをこのブログで書きたかったのです。前置きが長くて申し訳ないです^^;

PhotoFuniaというのがありまして、写真を色々と加工することができて、結構遊べますよ。

この写真を、Photo Funiaで加工すると、

こんなのとか

こんなのとか

こんなことまで出来ちゃう。サーバーアプリケーションはもっと進みそうな感じがする今日この頃です。

ちなみに今は外でもの思いにふけられるくらいお姉ちゃんになりました。

そうそう、この写真集、おすすめ。

民子 民子

角川書店 2001-09
売り上げランキング : 200526
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

泣けますよ。かなり。浅田次郎さんが書いてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう