0 Shares

民主党の受け入れ先になり得ない自民党

一連の日本国内の政治のやり取りを見ていると、自民党が民主党の受け入れ先になり得ないということがよくわかるような気がする。それを思うと、去年の政権交代は、自民党ではダメだという国民の判断と言うのは間違っていなかった。

このことで一番わかり易いのは、仮に鳩山総理がこけたとしても、後釜が十分揃っている。鳩山総理が辞めると言う事態にはならないだろうけれども、もし、そうなったら管がいるし、管さんがだめでも前原さん、前原さんがだめでも岡田さんがいるし、彼らに変わったとしても違和感はまるで感じない。
代表質問や予算委員会の自民党の質問を聞いていても、結局政治と金の問題と小沢幹事長のいわゆる権力の二重構造について指摘せざるを得ないところがあり、自民党がこう言ったことしか焦点に当てられないのは、政策につっこんだ質問をした場合に結局今まで自分たちが何もしてこなかったということが明白になってしまうからだ。

実際に予算委員会でも代表質問でも、民主党の政策につっこんだ質問をすると、結局民主党からはそもそも今民主党が大変なのは、あなた方の旧政権で何をしてきたのかと言うことで返り討ちになってしまうので、結局小沢問題や小沢幹事長に絡んだ金の問題について追求せざるを得なくなると言う痛い問題があります。

自民党が再生出来ないのは、例えば先日の総裁選挙で河野太郎が勝てなかったと言うことがあるし、議員定年制の問題についても結局は定年制推進派の意見が通ったと言うところがあるにしても、党内は紛糾しました。

例えば、ひとつの政党である自民党のトップの名称が、総裁というとても重々しい印象があるし、まず今までの悪政を総括するべきだと思うのですが、結局今までいるベテラン議員に遠慮があるのか、そういった声は全然聞かれない。

じゃあ、谷垣さんが辞めたら、今度は誰を党のトップにするのかと言うときに、世間一般では舛添さんがいいという報道が出ているけれども、舛添さんにしても参議院議員であるという資格のしばりがあり、もし、彼が自民党のトップになりたいのであれば、彼であれば選挙は間違いなく勝てたと思うのですが、先の総選挙には立候補さえしなかった。

自民党が立ち直れない状況と言うのは、政権交代から始まっていて、麻生さんが総裁に出たときに立候補した人たちがだれも谷垣さんの時に立候補さえしなかったしなかったところに、この党の病巣があると思う。恐らくあの時に自分の信念で出たのは、河野太郎だけだと思う。西村なにがしくんは、総裁選挙にはでたけれども、その後存在感がはっきりしないけど、河野太郎はあの総裁選で明確に存在感が出てきたと思う。

とにかく自民党も民主党の敵失ばかり捉えていないで、今の民意をやはり十分把握して議論を挑んで欲しい。わざわざお金を使って、カメラやビデオをもって小沢不動産めぐりをするのもいいけれども、それを馬鹿なマスコミが面白そうに取材してくるのを意識しながら、あーじゃない、こーじゃないというのは、見ててみっともないですよ。

実際に旧政権と今の内閣で、何かをしようとしているのが明確なのは、明らかに民主党政権だ。JALについても、もともとこういう問題が噴出したのは、野放図な空港の誘致であり、それを推進したのは自民党。そもそも副大臣ができてから、旧政権の誰が大臣になっていたか分からない。今は、マスコミにも露出してるし、名前はわからなくても、顔を見れば、ああ、あの人ってわかりますし、事業仕分けでも、蓮舫がすごくうざったかったけれども、中継をしたことで多くの国民に共有されたというのは、民主党の功績で、今まで、密室で決めてきた旧政権寄りはずっと仕事をしている。

それを馬鹿なマスコミは、政権を批判すれば職務が全う出来ると思っているとしか考えられない、根拠のない批判を繰り返し、かつて太平洋戦争の時の愚を起こそうとしているのか思わざるをえないわけで、本当にこの国はどうなっちゃうのかなと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう