0 Shares

TOTOの最高傑作はプログレ色の強いHydraだと思う件

TOTO Hydra

TOTOと言うと、完成度の高い「Ⅳ」が一番というか、商業的にも最も売れたわけですが、個人的には、ロック色の強い、ロックらしさが前面に出てきている「Hydra」が最高傑作だと思うのです。

TOTO Hydra

TOTOは、沢山のアルバムを発表しているんですが、僕的に一番好きなのがこのアルバムです。何故好きかと言うと、このアルバムは結構ストーリー性があって、いわゆるプログレッシブロックとハードロックを融合していると言うか、ライブ感が大変素晴らしい。調べてみると、ボーカル以外は一発で録音したとのことで、何となく分かる感じがしますね。曲目リストは以下の通り。

  1. Hydra
  2. St. George and the Dragon
  3. 99
  4. Lorraine
  5. All Us Boys
  6. Mama
  7. White Sister
  8. Secret Love

特に素晴らしいのがオープニングと7曲目のWhite Sister

YouTubeにフルアルバムがアップされているので、まずはチェックしてみてください。

特に、プレグレ色が強いのは、オープニングのHydraと次の曲St.George and the Dragon。すっごくかっこいいです。恐らく1曲目と2曲目はコンセプトソングで、タイトルとアルバム・ジャケットが繋がっていますね。

また、当時ギターキッズだった僕が狂喜したのは、7曲目のWhite Sister。この曲のスティーブルカサーの縦横無尽なギターソロは圧巻で、名演の一つだとおもいます。特に二回目のギターソロが本当に素晴らしい。こういうソロはロック出身の人にはなかなか弾けないと思います。

ギタリストスティーブ・ルカサーについて

スティーブ・ルカサーは、もともとスタジオミュージシャン出身だし、ラリーカールトンは彼の師匠ですから、その点テクニック的には全く問題がないほど、優れたギタリストです。

一方、ロックギタリストがもつ荒々しさはあまり感じられないところは、スティーブ・ルカサー自身がわかっている感じがするんです。これは僕の勘ですけどね。そういうロック的なところに対するスティーブ・ルカサーの憧憬感をこのアルバムでは感じるんですね。俺はこんなハードなギターも弾けるぞと。このアルバムがきっかけになって、スティーブ・ルカサーはロック色の強いギターを弾くようになった印象を僕は持っていて、僕もジャジーなギターよりは、ロックなギターのほうが好きなので、大歓迎ではありますね。ここ数年は、ロック色を強くしたことで、スティーブ・ルカサー自身がうざくなった感は否めませんが^^;

まとめ

個人的には、TOTOが従来彼らが持ち合わせている洗練さが研ぎ澄まされて、その頂点が「Ⅳ」なんでしょうけれども、僕としてはこのテーマ性があって、ロックの荒々しさを感じるHydraが好きです。

ハイドラ
ハイドラ

posted with amazlet at 15.03.30
Sony Music Direct(Japan)Inc. (2013-10-23)
売り上げランキング: 23,451

この記事が気に入ったら
いいね!しよう