0 Shares

テルマエ・ロマエ

僕も、さすがにいい加減年なので、めったに漫画と言うものはここ10年近く読んでいません。島耕作は好きでしたが、あまりにも話が見えてきちゃったから、役員になってからは読んでいません。で、たまたま昨日「王様のブランチ」でテルマエ・ロマエを紹介して、あまりにも面白そうだったので、さっそくゲットした。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX) テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

エンターブレイン 2009-11-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ローマ帝国の設計技師ルシウスが、とても真面目な人で、浴場を作るときに色々と悩むのですが、その悩みが高じると、現代日本にタイムスリップしてしまうという内容です。しかも1巻を読む限りでは、お風呂のあるところにしかワープしないと言うかなり強引な設定でもあります。

ストーリーの一部を紹介すると、真面目で優秀なローマ帝国のルシウスは、建築の仕事をしているのですが、最近の仕事に斬新さがないと批判され、仕事を失ってしまいます。気落ちしたルシウスは、打ちひしがれて、それを癒すために公衆浴場にいきます。そこは多くの人が集まるため、人々の喧騒で騒がしく、湯船の中に潜ってしまうと静かになるのですが、急にものすごい吸引力で下に引っ張られてしまい、息絶え絶えになってお湯から外に顔をだすと、なんとそこは日本の銭湯。

その銭湯には自分とは全く骨格の違う平たい顔の「奴隷」(我々日本人のことです)が。しかも、風呂桶や全身が映し出される鏡、そして浴場には富士山の壁画があり、かつキレイな風呂桶まであり、これはローマ帝国にはないものだとルシウスは大変驚きます。さらに、風呂から上がった後のフルーツ牛乳の上手さには、なんという美味さだと。この平たい顔をした奴隷たちはどれだけの文明を持っているのかと大変なショックを受ける内に、ローマ帝国の現場に戻ります。そして、この平たい顔をした奴隷の文明をそのままローマ帝国で応用してみると、それがなんと大成功。

とにかく古代で最も発展したローマから未来にワープする真面目なルシウスが、現代の文明に驚く様は抜群に面白い。例えば、銭湯から上がった後のフルーツ牛乳の上手さに驚愕するルシウス。

温泉にワープしてしまい、温泉卵を食べてそのうまさに驚くルシウス。

と、まあこういう感じで何度読んでも笑えます。笑いと言うのは、当事者が無我夢中なさまと言うのは、ユニークに見えることが多いですよね。特にこの真面目なルシウスの現代文明に驚く様子は抜群に面白い。これは本当におすすめ。

ちなみにこの漫画の作者であるヤマザキマリさんは、ポルトガルに在住しているそうで、やはり日本のようにお風呂でリラックス出来る文化がポルトガルにはないんだそうです。ご本人のブログでも

「テルマエ・ロマエ」は風呂漫画というジャンル(そんなジャンルはないが)にカテゴライズされておりますが、自分的にはあれは風呂を媒体にした「日本との比較文化に軸を置いた古代ローマ漫画」だと思って描いております。

決して日本の風呂に驚く古代ローマ人漫画、というコンセプトのみのものではありません。

とおっしゃっていて、僕もそう思いました。
「王様のブランチ」の書評コーナーでは、今年最高の傑作と言っていましたが、僕は今年最高かどうかはわからないけれども、薀蓄とそのギャグのセンスに関して言えば、相当レベルの高い漫画だと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう