0 Shares

龍馬と女たち

(C) NHK

昨日もNHKの特番で「龍馬を愛した女たち~ヒロインたちの龍馬伝~」が放映された。もちろん、僕も期待をして見ましたが、僕的には史実に置いてどのようなドラマがあるのかと言うことかと思いましたが、どちらかというと龍馬伝の販促的な内容でした。

坂本龍馬にとって、竜馬がゆくを読んでいるところで重要な女性は、乙女姉さん、お田鶴様、千葉さな子、お龍、寺田屋のお登勢です。竜馬がゆくでは長崎の芸妓であるお元はそれほど出番はないのですが、今回の龍馬伝では蒼井優ちゃんがお元を演じるので、きっと重要な役割をこなすんだと思います。

いま、龍馬伝の登場人物をウェブサイトで見ていたら、寺田屋のお登勢がまだ決まっていません。ドラマだから、色恋沙汰沙汰と言うのはとても重要なところで、そこで平井加尾やさな子とのやりとりはスゴク面白いんだけれども、そういうところを抜きにして考えると、乙女姉さんと寺田屋のお登勢だと僕は思うのです。

龍馬とお登勢の繋がりは結構深いですよ。特に大きいのは、薩長連合が成立をする際に西郷さんや桂小五郎とのやり取りでは、この寺田屋を根城にして薩摩藩邸を行き来してましたし、その後薩長連合が成立した時には、高杉晋作が用心のために護衛としてつけた三吉慎蔵と祝杯をあげ、幕府に襲撃されたのは、この寺田屋でした。その襲撃についても、お風呂にはいろうとしたお龍が素っ裸で祝杯をあげている龍馬達に教えたのは有名な話です。僕自身もこの話は凄く好きで、寺田屋には3回位行きました。その時の写真を数枚お見せします。

寺田屋のそばにある運河。ここに船が行き来したはずです
寺田屋全景
玄関
寺田屋室内恐らく床の間
この部屋で三吉慎蔵と祝杯をあげたのか!?

と、まあ、こんな感じで、竜馬ファンの人は是非行って欲しい場所です。場所は京都の京阪線の「中書島」駅。Google Map、貼りつけておきます。

大きな地図で見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう