0 Shares

TwitterはiPhoneが使い易いかも

Twitterの一番いいところは、このTwitterというのが大きな広場というかスペースが有り、技術的な事がわかっていれば、色々と応用出来るということだ。そのままwebでやっていても使いにくいから、専用のクライアントを使うのが一番だと思うのですが、どういうわけだか、日本語にローカライズされていないということもあり、これがもう少し日本語されたりとかすると、もっとユーザーが増えていくんだと思う。これを日本語化しないのは、こんなことわかっているからいいんじゃない?というIT業界の通弊だ。

で、どういうクライアントがあるのかというと、僕が使っているのは、HootSuiteとツイッぷる。

HootSuiteは、僕の大嫌いなミセスインディが勧めていたので、使ってみたのですが、フォロワーしてくれてるタイムラインやMENTIONと言った僕のTweetへの返事や引用されたTweetがひとつの画面に表示されるので、とても見やすい。あと自分が注目しているハッシュタグなどのタイムラインも表示されるので、使い易い感じ。ただ、RTをする際の動作がたまに不安定になることもあると言うことと、なんといっても英語表記ですから、僕のように英語の出来ない人間にとってはおそらく使いにくいんじゃないかなと思う。

ツイッぷるは、これはNECビッグローブが開発したクライアントで、これはすべて日本語のため、不明確なところがないです。ただ、動作が重い。結構ストレスがたまります。これで動作が軽けれれば、フォロワーのタイムラインとか簡単に見れるし、レイアウト的にはとてもいいです。

一方でiPhone。ぼくはTwiBirdというアプリを使っていますが、これ、結構いけてます。というか、Twitterは画面が小さいけれども、動作とか使い勝手は全然iPhoneアプリの方がいいです。あとはね、入力はさすがにキーボードの方が楽ですが、それ以外はPCよりもiPhoneの方がずっといいです。

トップ画面
フォロワーのタイムライン
#ryomadenのタイムライン

しかもこのアプリは無料ですから、凄くおすすめ。僕も有料のアプリを使ってみましたが、これが一番しっくり来るかな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう