0 Shares

リニューアルして使いにくくなった日経

ウェブでの新聞の有料化ということで、日本経済新聞が先日大幅リニューアルをしました。今まで「nikkei.co.jp」だったのが、「nikkei.com」になりました。リニューアル当日は、恐らく関係者は大変な緊張をしいられたと思いますが、結局ユーザーのアクセスが多くて、つながりにくいという、有名サイトではよくありがちの問題も発生しました。

ウェブにおける新聞の有料化というのは、新聞経営には諸刃の剣です。新聞社は記者を雇用し、雇用された記者はニュースを足で集めたりするので、そこには様々なコストが発生する。だから、そうやって集めた記事は、ユーザーはお金を払うべきだという考え方があります。

一方で、インターネットでのニュースは、無料が原則だという考え方があり、その為に多くの人がニュースを見にくるから、広告媒体として収益を確保するべきだという意見です。実際にネットでの新聞サイトには至る所にadwordsやOvertureの広告を掲載している。

それで今回の日経のリニューアルは、紙媒体とウェブ媒体の融合にあり、会員登録をすると色々なサービスを受けることができるし、会員登録をしていないと、その記事を全部読むことができない仕組みになっています。

それで、僕もまだこのサイトを使いきっていないということもあるんですが、一応無料会員ということで登録をしてみて、ログインをしてみたんだけど、ログイン後に読める記事の内容って、前の日経と何ら変わらなくて、これはどうなのかなと思います。ただ、よかったのはスズキの鈴木社長がブログを書いているんですが、会員になるとその記事に対して書き込みが出来る。これからのネットコンテンツはコミュニケーションというのが、ものすごく大事なんですが、その点はしっかりクリアしていて、それはとてもいいことではあります。

ただ、僕は、ユーザービリティの観点から見ると、今回のリニューアルは日経新聞のためになったのかなと思うと、僕は疑問を感じざるをえないのです。先程も書きましたが、ログインをしていないと、きちんとした記事を読むことが出来ない。でも、それをするほどの記事なの?という思いもあるし、あと有名経営者のブログもあり、こちらもログインをしてないと、その記事に書き込みをすることができない。これは、ユーザーに対して負担を強いるやり方というのは、結局サイトからユーザーが逃げて言っちゃうんじゃないかなと僕は思うんですよね。

ただ、先日のニュースにもありましたが、広告においてネット広告が遂に新聞広告をその金額において新聞広告を超えたという記事がありました。つまり、新聞における広告が落ち込んでいると言うことで、これは不景気であると言うこともあるし、仕方が無いといえば仕方が無いのですが、その収益減を一般ユーザーから補完しようと言うのはあまりにも安直だと思うのです。

まー、こうやってケチを付けていますが、これからコンテンツと使い勝手がこなれていくことを期待します。ちなみに、イギリスのタイムスも有料化に踏み切りましたが、タイムスの場合は、新聞代を払っていれば、ウェブ版も普通に使えるんだそうです。

とにかくユーザーに何かの負担を強いるのであれば、それを強いるための何かの理由がないといけないわけで、それをリニューアルした日経がクリアしているのかと言うとこれは疑問符を出てしまうと個人的には思うのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう