2016/06/080 Shares

日本中を席巻したキッスが今度はももクロと切手を発売(笑)

KISS 40th Anniversary メモリアルフレーム切手セット with ももいろクローバーZ01

今朝RSSリーダーでニュースをチェックしていると、なんとジャパン・ツアーをしていたキッスが今度はももクロと切手を発売するという、お腹を抱えてしまうくらい爆笑してしまうニュースが入ってきました。

キッスが今度はももクロと切手を発売

切手の名前は「KISS 40th Anniversary メモリアルフレーム切手セットwithももいろクローバーZ」。キッスの商魂のたくましさは、本当に徹底してますね。すごい。昔は、こういうことばっかりやっていると、コマーシャリズムだって批判されて、ミュージシャンとしては失格とされたんだけど、この人達には全く関係ない。お金をふんだくるだけふんだくるという姿勢は、ここまで来ると本当にこの人達はエンターテイナーなんだなあと思わず関心をしてしまいました。

KISS 40th Anniversary メモリアルフレーム切手セット with ももいろクローバーZ02
KISS 40th Anniversary メモリアルフレーム切手セット with ももいろクローバーZ03
KISS 40th Anniversary メモリアルフレーム切手セット with ももいろクローバーZ04

で、この「KISS 40th Anniversary メモリアルフレーム切手セットwithももいろクローバーZ」の概要を簡単に書きますと、

販売先:特設公式サイト及び全国のLAWSON&ミニストップに設置されている店頭端末Loppi&HMV全店舗
<特設公式サイト> http://memorial-stamp.com/kiss
<HMV販売サイト> http://www.hmv.co.jp/news/article/1502170066
1セット 4,980円(消費税・送料別)
(1)オリジナルデザイン切手:1シート(52円切手×10枚)
(2)特製プレミアムフォルダー:1冊
(3)特製プレミアムポストカード:10枚
(4)千社札風特製プレミアムシール:1枚
※公式サイト販売商品とLoppi・HMV販売商品とでは、 ポストカードの一部が異なります
■予約販売期間  :2015年3月4日(水)10時~2015年4月30日(木)
購入者特典:本商品をご購入頂いたお客様の中から抽選で下記の特典をプレゼントいたします
【特典1.】
KISS&ももクロ全メンバーのサイン入り「プレミアCD」を特別にプレゼント
→KISS&ももいろクローバーZ コラボレーションシングル「夢の浮世に咲いてみな」&「SAMURAI SON」
・「SAMURAI SON」→KISSメンバー全員のサイン入り
・「夢の浮世に咲いてみな」 →ももいろクローバーZメンバー全員のサイン入り
上記2枚をセットにして抽選で1名様にプレゼント
【特典2.】
KISSメンバー全員のサイン入り公式「プレミアTシャツ」をプレゼント
→KISSメンバー全員のサインが入った公式Tシャツを抽選で5名様にプレゼント

まあ、世界的なロックお笑い集団のキッスと日本が誇るアイドルももクロのコラボ切手シートというのは、二度とこういうことはないと思うから、希少性はあると思いますね。

ツィッターでは高い!という声

ただ、ツィッターでファンの声を拾ってみると、高いよ!という声が多し。まあ、52円切手が10枚と後おまけでしょう。お得感はないけど、ファン心理を考えてみると、売れるのかなあという感じがしないでもない。

まあ、ターゲットとしては日本有数のアイドルであるももクロのファンということなんだと思いますね。やっぱりキッスファンは、なんでももクロとやるの?という批判的な意見はライブが始まる前からありましたし。

キッスは究極のエンターテイナー

キッスについては、もう本当にミュージシャンとかアーティストというよりも、エンターテイナーですよね。そう見ないと、なかなか彼らの行動を理解することが出来ないんだけど、一方で、キッス自体が紆余曲折あったにせよ、40年音楽マーケットの第一線にいつづけたというのは、これは本当にすごいことだなあと思うのです。今回のツアーは、全部チェックしましたが、セットリストを見て思ったのは、しっかり自前の曲を持っているという意味では、ポール・マッカートニーとかローリング・ストーンズ級のアーティストなんだなと改めて思ったのです。

ロッキング・オンの社長であり、恐らくロック評論家としては日本で一番の渋谷陽一さんが、自身のブログでキッスの観戦記を書かれているんだけれども、

渋谷さんは以下のように彼らを絶賛してます。このコンサート評は名文だと思いますが、引用します。

キッスのライブが変わらないというのは、普通の変わらないというレベルではない。
演奏される曲が変わらないというレベルではないのだ。
メイクは変わらない、衣装も変わらない、ステージから上がる炎も変わらない、ジーン・シモンズはいつも火を吹き、口から血をたらし宙を飛ぶ。どれも何十年も前から変わっていない。きっとこれからも永遠に変わらないだろう。物凄いことだ。

さらには、私性が無化とまで言ってる。

私性は限りなく無化され、あるのは聴き手の解放感のために戦う使命感だけだ。
その徹底した姿勢がもたらす清々しさ、それが今日のステージにも溢れていた。

つまり、キッスはファンのためにのみ存在しているということを十分認識しながら40年間全く変わらなかったことを渋谷さんは大絶賛してる。

そんな彼らの贈り物として、この切手セットがあると思えば、商売熱心とばかりは言えないのかもしれないと思ったのでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう