0 Shares

小沢さんの使命は終わったと思う

ここ日本の政治で中心にいたのは、小沢一郎さんであることは間違いない。細川政権の時から、政治の中心にいる人って小沢さん以外にいないんですよね。細川さんだって、ここに来てマスコミに出てきたりしてるけど、消えちゃったし、さきがけの代表だった武村さん、この人は相当悪党だったけど、その悪党故に政界から退場せざるを得なかった。

小沢さんは、僕の大好きな田中角栄さんにものすごく可愛がられたし、金丸信にも可愛がられた。爺殺しですな。上の人から好かれる人であり、かつ、そういう偉い人達から色々なものを吸収したので、政治家として大変な実力をつけたわけです。

その後自民党を飛び出して、細川政権を立ち上げるけれども、自民党にも野中広務さんといった普通じゃないくらい強い人に攻撃されて、結局この政権は崩壊してしまったんだけど、その後小沢さんは野党になり、一時自自公連立というのがあったけど、あれはあれで小渕さんを倒しちゃったし、政権に残りたい人は、そのまま政権に残るということになり、自由党も分裂した。

小沢さんはよく言われるのは、人がついていかないっていいますな。側近が離れて行くということをよく言われます。たしかにその通りなんだけど、離れて行った人達の方が没落してるんだよね。生き残ってるのは、小池百合子と二階さんくらいじゃないか?熊谷さんもダメになったし、船田さんもこの前落選しちゃったし、小沢から離れて行った人ってダメになっちゃう人が結構多いんです。

結局、小沢っていう人は原理主義者なんでしょうな。そこについていけないひとは当然出てくるでしょ。それに原理主義者だから、全くブレないでしょ。だから、ここまで政治の中心にいたということになります。そして民主党幹事長として、政権交代を果たした。僕はこれで小沢さんの使命は終わったと思うし、後は後進に譲るべきだと思いますね~。

本来首相なり、政党の代表なり、一番偉いひとでしょう。でも、小沢さんは、田中派の頃からそうだけど、彼にとって首相という存在は常に傀儡であり、最高権力者ではありませんでした。僕らの世代は覚えてると思うけど、宮沢さんや渡辺ミッチーが、経世会に総理になるための面談に行くわけです、総理総裁になるために。これは、批判されましたね。若造が偉そうにと。でも、小沢のバックには竹下、金丸がいるので、候補者は下手にでるしかなかった。

また、田中さんがまだ生きていたときに、中曽根さんが総理になる時も、あれも田中さんが支持して総理になれたわけで、小沢さんにはそう言うのが染み付いてると思う。細川政権の時も、小沢傀儡といわれたし、今回の鳩山内閣だって、小沢サンの存在がどーだこーだって散々いわれたわけだ。結局権力の二重構造というものが、小沢さんにとっては当たり前の事になってるんじゃないか。

政治は多数決の世界だから、数が優先されるんだけれども、ただ、そういう政治を見るのは正直うんざりなんですよ。小泉さんがあれだけ支持されたのは、数の裏打ちがないのに、総理大臣としての権力を思いっきり活用したからで、誰よりも総理が力があるんだぞということを、人事権でアピールしたわけで、それによって自民党の派閥は弱体化した。これは小泉さんの数少ない善政。実際に総理が一番力があるというのは、当たり前の事だと。

じゃあ、今度小沢さんはどうするのかというと、ここで数を頼んだやり方をすれば、それはもう古い政治としか言われないし、だれからも評価はされないと思うんだな。つまり、今の菅政権は9月までの民主党代表戦までの暫定政権と考えているようだったら、もうだめですな。外交も経済も動いているのに、政治だけ継続性がないと世界中から笑われてる。国辱モノですな、本当に。そうならないためにも、小沢さんには静かにして欲しい。これは菅さんの言うとおりだし、小沢さんの使命は、民主党政権樹立で役目が終わったと思う。

ちなみに僕は小沢さんの事は、大好き。昔、若い頃、秘書にしてくださいと言って断られたくらいですからw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう