0 Shares

中学時代

今日、たまたまテレビを見てたら、フジテレビで明大附属中学応援部のドキュメントを放映していて僕自身をおもいっきりオーバラップしてしまい、思わず見入ってしまいました。

僕も中学から私立に行き、そのまま普通に通っていたら大学まで何も苦労せずにいけたんですが、そもそも中学受験の時にこのドキュメントの対象になった明大附属中学を受験したのですが、落ちてしまったということもあり、思わず観てしまったのかもしてないです。

このドキュメントは、中学1年の二人がどういうわけだか応援団に入り、1年後後輩を指導するところで前半が終わるのですが、このドキュメントの秀逸なところは、彼らの6年間の軌跡を追い、応援団の幹部となるところまで追い続けるという大変面白いものです。

中学1年生の時はあどけなかった彼らが、6年後には思いっきり顔が引き締まった様は面白いです。ただ、6年後は来週やるらしいんですけどね。

僕も、6年同じ学校に通い、ずっと男子校にいたということで僕は稀代の女性好きになったし、この6年間はそれでも色々なことがあって面白かった。忘れられない6年です。楽しいことよりも嫌なことの方が多かったけどね。

今はどうか知りませんが、ボクらの時代の私立の男子校は、凄く先生が威張っていて、これ今だったら相当問題になるんじゃないのというようなことがよくありました。先生にボコボコにされるのは日常茶飯事だったし、ただ、僕らはそれらが当たり前のことのように受け止めていたところもあり、また、中学から知られているから高校生になっても先生は、僕らが卒業するまで子供扱いでしたな。面白い6年間だったな。

その6年間ずっと一緒だった友人と、何年か前に再開し、その友人に請われて友人の会社を手伝うことになり、今先鋭的な対立をしている。なかなか人生というのは自分の思うようにいかないものですな。

あ、そうだ。大事なことわすれてました。禁煙治療、昨日で完了。もちろん、この3ヶ月1本も吸っていません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう