0 Shares

サービスの値段

昭和の頃は(なんか微妙な表現だが。。w)、荻窪というとラーメンが有名で、青梅街道沿いには名店がけっこうあったりした。名前はすっかり忘れちゃったんだけど、その中でとくにおいしいと言われるお店には長蛇の列がいつも出来ていた。

僕も中学高校と荻窪を通って通学していたので、当然その店の前を通ることがあってすごいなと思ったりしていた。結局高校まではその店には縁がなくて、たまたま卒業したあとに荻窪に行くことがあって、時間もあったこともあり、その店の行列に加わり、そのラーメン屋さんに入ってみた。

その店に入ってみると、おいしいというので有名なお店ですが、やたらお店の連中が威張り散らしていて、お前らお客さんからお金もらってるんだよね?というくらい態度が思いっきり高圧的で、しかも不潔だと。僕もどちらかというと気が短いものですから、そのラーメンに手をつけず、千円札を1枚、どんぶりに突っ込んで帰ってきたことがあります。うまいから、お客に威圧を加えてくるというのはありえない。結局その店はたたんじゃったみたいで、当然だと思うよ。

沖縄に行ったときに、たまたまお盆シーズンだったということもあって、いわゆる2流のホテルに泊まったんですよ。ただ、リゾートだからそんなにサービスのことはとやかくいうようなところじゃないとたかをくくっていたのですが、特に一緒に行った人がそういうサービスには特にうるさいということもあり(もともとサービス関係の仕事をしていたひとなので)、あまりのサービスの悪さ、そんなに高い金額じゃないんだから、サービスはこの程度でいいだろうというのがすごく従業員から感じる。で、これじゃあ、どうしょうもないということで全日空ホテルに夕飯を食べに行ったんですが、そこのサービスが完璧。もちろん、ディナーだから、安くはないんですよ。ただ、対価を払ってもあれだけサービスがしっかりしているのであれば、何も文句は言いませんという感じです。

この前も、しゃぶしゃぶの名店と言われているレストランにランチを食べるという機会があって、そこも値段にすると、牛丼が10杯食べられちゃう価格。でも、疲れちゃってるからいいか~という感じで、そこの名物と言われるバタ焼き定食を頼んだのですが、従業員のサービス、料理の味といい、年齢層が高いということもありましたが、完璧。僕は圧倒されてしまいました。

日本には茶道とかおもてなしという心づくしの文化があって、それがサービスのコストとして上乗せされると思うんだけど、その対価に対してお客さんが安いと思えば、或いは、高くないと思えば、これは圧倒的にお店側の勝利ですな。

ちなみに3000円という法外なランチを提供するのは、ざくろというお店です。
しかし、すっごく美味しいし、従業員の接客対応は完璧。ぜひ足を運んでお料理とサービスを堪能してください。おすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう