0 Shares

ざまあ味噌漬け-特捜検事逮捕

昨日は、久しぶりに痛快なニュースが入ってきた。厚生労働省の村木さんを逮捕した件で、結局検察がその証拠を改ざんしていたという、これは検察という組織を考えたときに絶対に有り得ない事件がおこったわけで、その改ざんをした大阪地検のエースと言われる前田という男を逮捕した。当たり前だ。ざまあ味噌漬けと言いたい。

検察は、かつて田中角栄元首相をロッキード事件で逮捕し、鈴木宗男を逮捕し、と本当の事件の内容は別にしても、巨悪は許さない正義を貫徹する組織だ。ところが、今回の村木事件に端を発した一連の検察の対応は、脚色されているマスコミの報道を見ていてもひどく、明らかに村木さんが無罪になるのは自明という感じだった。

そこに前田という大阪地検のエースと言われる男が、データーを改ざんしていたという事が判明し、それに対しては今年の2月に他の検事からそれは問題があるんじゃないかという指摘があったにも関わらず、不問に付されてしまったということで、これはもうとんでもない話で、許しがたい。

昨日のテレビで最高検察庁と大阪地検の前田逮捕後の記者会見をやっていましたが、これらも記者会見というよりも次席検事が自ら話しをするだけで、マスコミからの質疑応答もしてないようないようだった。マスコミも検察からのリークをもらうために、検察批判もあまりしないという微妙なところもあり、どっちもどっちということだ。

今回の事件の顛末としては、巨悪を裁く組織が実はその組織そのものが巨悪だったということで、これから身内の操作を国民が注視しているということを検察は認識するべきだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう