0 Shares

同窓生(続)

昨日も、同窓会の実行委員会に行ってきました。僕は、1時間半くらい遅れて、学校についた。校門から、打ち合わせの部屋に行くまで、学食、体育館の前を通って行くのですが、中学高校を過ごした学校の中を歩くと言うのは、いまさらですが、甘美ですな。

驚異的に安い荻窪龍記

打ち合わせが終わった後は、20人くらいで荻窪の中華「龍記」へ。ここは異常に安い。あれだけ浴びるほど飲んで、男子が一人3000円。これってあまりにも安すぎるんだけど、どうして?という感じだ。同じことを銀座アスターでやったら、最低でも一人1万円。それがあれだけメンバーがそろって、あれだけ飲んで食べて3000円はあまりにも安すぎです。

ああやって飲み始めると、酒の飲み方の下手な奴もいるけど、これはどんな時もで変わらない。僕が飲み方が下手だなって思うのは、酒に飲まれる飲み方。酒を飲んで気持ちだけ大きくなって、気が小さいくせに、偉そうになっちゃうやつがいます。僕は何度もお前そういう飲み方はやめないと、嫌われちゃうよと言いましたが、わからないみたい。仕方がないです。

まあ、この飲み会では、飲み会が苦手な僕も十二分に楽しめるものでしたよ。やっぱり懐かしいメンバーがいるし、あいつどうしてるんだろうということから、じゃあ、今から連絡するよということになり、二人の旧友と話すことができて、僕は思わず涙がこぼれそうになった。

あとは、女子3人に呼ばれ、どうしてお前は仕事もないし、見た目も悪いし、腹も出てとてもかっこよくないのに、なぜあんなにきれいで若い彼女がいるんだと問い詰められた。前に僕が今仕事もしないで遊んでるけど、昔はこういう栄光があったんだよということを誇示するために、前の会社での忘年会の時の写真や、僕と彼女が旅行に行った際の写真を見せたからだ。で、一応どうなのとうるさいので、僕が彼女をだましたからということと、彼女に男を見る目がないんじゃないかと軽くあしらっておいた。ざまーみろ笑

そして衝撃情報が

そのあとは、Nさんから、前回にも続いて衝撃的な情報が。

それは前に書きましたが、人生観がねじ曲がるほど、ふられたことがあって、それは今でも尾を引いてるんだけど、その彼女のファースト何とか(セックスじゃないよ)相手が、なんと僕だったというのです。僕にとってファースト何とかは彼女ではなかったのですが、僕の家に何回かきたこともあるし、吉祥寺で何回もデートしたし、そんな時の記憶が一挙に頭の中で走馬灯のように流れてしまった。

ま、僕は希代の女性好きでどうしょうもないダメ人間なんですが、そんな僕の人生の中でも3人の女性はあらゆる意味で別格でYMさんはその一人。僕は、彼女を他の男にとられて、そのとられ方も僕における高校生の許容範囲を超えてどうしていいのかわからないくらいダメージを受けたのですが、僕は自分の体を痛めつけるためにハンドボールを始め、大学ではスキーまでやってしまった。昨日スキーをしていたと話したら、僕とスキーが結びつかないと笑われた。これでも副将だったんですけどね。
僕と彼女との付き合いは1カ月なのですが、どういうわけだか、回りの皆さんは色々と気を使ってくれて、昨日は僕が来たときに、彼女は帰ったそうで、つくづく頭の本当にいい人だと思った。とにかく一度話しがゆっくりしたいよ、僕は。そういう時は邪魔するなといいたい。茶化したいのはわかりますが、こっちはあまり茶化されたくないのです。

その後、かつての甲子園球児と雑談。

ひとりは、僕の高校が甲子園に出場したときにベンチ入りをして、もう一人は2番手エース。ベンチ入り君は、中学からの同級生で、僕の最寄り駅が大泉学園で、彼は石神井公園。大泉の小学校にあった無敵ファイターズという野球チームの好敵手だったそうです。
もう一人の2番手エース君は、なんと大泉学園町出身で、すごくいいやつ。本当に酒も飲まずにおしゃべりに高じてしまった。二人によると、斎藤祐樹は大成しないそうです笑

次回は本番ですが、しっかり楽しみたいと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう