0 Shares

ロッテマリーンズ日本シリーズ優勝

野球の日本シリーズが、地上波で放映されないという魅力的なコンテンツではなくなってしまった感のあるプロ野球ですが、今回はロッテも中日も特にリーグの中では地味なチームではあったけれども、大変な熱戦を展開し、緊張感もあり、面白いゲームを見せてもらいました。

僕は、へそ曲がりなので、ジャイアンツや阪神は好きじゃないです。特にジャイアンツのように別の球団が手塩にかけて育てて、本人も死に物狂いで練習してはいあがって、そのチームの中心選手になり、お金と人気で強引に引き抜き、使い物にならなくなったらポイ捨てするようなやり方っていかがなものかと思うのです。

もちろん、恐らくジャイアンツは常勝を義務付けられてるから、選手確保に対するずっと変わらず、12球団で最も熱心だと思うし、その姿勢は特に横浜ベイスターズに学んで貰いたいものですが、それでも長島さんが監督の時のFAはひどかったですな。僕が知ってる限りでジャイアンツに溶け込んだ選手は小笠原だけです。清原もダメだったし、落合もダメだったし、江藤とか広島から引っ張ってきましたけど、いつの間にか西武にトレードに出されていた。

ところで、今回の日本シリーズを争った中日とロッテ。どちらでも地味だけど、質実剛健という感じがする。ロッテの西岡にしても、今江にしても自力ではいあがってきたという感じで、大変素晴らしい。成瀬にしても、今調べてみたらドラフト6位のピッチャーです。それが今やエースとしてチームに君臨している。しかも昨日の決勝打を放った岡田は育成選手。

中日にしても、落合監督自体が選手としてこれは大変な大選手。現役時代は三冠王取りますよとあっさりいって、それを取っちゃうというすごい選手だった。ただ、名選手は名監督になれないということもあり、中日の監督になった時はどうかなと思ったけど、結局セ・リーグの常勝球団にした手腕は素晴らしい。

また、ロッテはパ・リーグで3位だったのにも関わらず、あれあれよと勝ち上がって日本シリーズも制覇してしまったというこの勝負強さはなんですかね。西村監督の手腕も素晴らしいんでしょうね。ここまで来ると素人にはわかりません。

来年は斎藤佑樹も日ハムに入るでしょうから、パ・リーグは面白くなりそう。楽しみにしたいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう