0 Shares

江姫

龍馬伝が、ボロボロになってきて、それこそ来年の大河ドラマ「」に多いに今から期待をしているんですが、ここ数年で一番よく出来ているのは、なんといっても篤姫。何かインタビューで宮崎あおいちゃんが、演技をしているときに篤姫が私に体に入ってきたような感覚だったと言ってますが、それはこれを見ているとよくわかるけど、ま、本当に完璧としか言いようがないくらいよく出来たドラマでした。

その後の天地人は、恐らく出演している俳優が歴史的な事を恐らく知らないだろうということは見ていてよく分かるくらい、薄っぺらい内容だった。それはやっぱりあれに出た人って、そんなにその後活躍をしてるとは思えない。

今回の龍馬伝も歴史をドラマ化しちゃうにしても、それを根本的に間違えている。薄っぺらい女優とのやり取りとか、ここは時間をさかないとあかんやろというところが平気で飛ばされているので、最後の最後になって僕も諦めた。

もう少し篤姫の話に戻すと、このドラマの良さは、今まで一部の人しか知られていなかった篤姫や小松帯刀のことがこのドラマによって、多くの人に知られるようになったということだ。また、篤姫を演じるあおいちゃんや、小松帯刀を演じた瑛太くんの演技も素晴らしかったし、なんといってもシナリオがよかったので、DVDも買いましたけど、元気をつけたいときは今でも見ます。

また、この篤姫を誰にするかということで、そんなにキレイじゃないという理由で宮崎あおいちゃんが選ばれたらしい。ま、個性的でカッコイイ女の子ですが、すごく美人というわけではないし、どちらかというと個性的で演技派だということですかね。でも、この写真を見る限り、凄くカッコイイ女の子と云う感じですよね。あおいちゃんのウェブサイトは、こちらですけど、モノトーンの凄く似合う女性ですね。

今度の江は、戦国時代一のの美女と言われた織田信長の妹、お市の方と浅井長政との間に生まれた3姉妹のうちの3女として、二代将軍徳川秀忠の奥さんになる人です。ちなみにこの3姉妹は有名な美人で、一番上はあの有名な淀君。豊臣秀吉の第二夫人。この姉妹の人生はとても数奇ですな。ふたりとも最高権力者の一番身近にいるということで、それなりの心労はあったと思う。

浅井長政

つまり、この3人はいつも、時の権力者から攻撃される運命を持っています。はじめは、浅井長政は、信長に攻められて滅亡します。長政という人は、とてもさっぱりしていた気象の持ち主だと思いますが、織田家から来た奥さんとその娘を秀吉に預けて、織田家に送り届ける。

次は、お市は出戻りになるのですが、織田家の家老である柴田勝家に嫁ぎます。ところが、柴田は羽柴秀吉と対立をし、結局賤ヶ岳の戦いで滅亡してしまいますが、秀吉は3姉妹を救います。

そして、後年、秀吉が死に、徳川家康が関ヶ原で天下をとると、その武力を背景に豊臣家に対して無理難題を押し付けて、結局家康と豊臣家は戦争をせざるをえず、最終的には豊臣家は徳川に攻め滅ぼされてしまう。その時の将軍は徳川秀忠で、その奥さんが江であり、姉が豊臣家の淀ということで、こうも運命的な姉妹というのはなかなかいないです。

彼女たちに共通して言えてるのは、何度も書きますが、美女姉妹ということで、これは有名です。なので、今回のこの大河ドラマは登場する女優は結構美人。もちろん、キャスティングだけで大騒ぎしていると、龍馬伝の二の舞になりますが、今回の脚本・原作は、篤姫を書いた田渕久美子さん。これは期待できる。

で、キャスティングですが、江は、上野樹里ちゃん。かわいいっすよね^^

お母さんのお市の方は、鈴木保奈美。ちょっと歳が行っちゃってるかなーと思ったりしますが、きれいだな、彼女も。ちなみに出演者のスクリーンショットをアップしてみました。

姉貴の淀君は、元祖美少女だった宮沢りえ。2番目のお姉さんが、水川あさみとみんな美しいです。ちなみに淀君と対立する秀吉の正妻寧々は、嫌いだけど、大竹しのぶが演じます。嫌いだけど、演技はうまいですから、いいのが出来ると思います。こうやってみると、斎藤佑樹じゃないけど上野樹里も何かもってそうな感じ。

俳優陣のキャストは、どうでもいいんですが(笑)、秀忠役に今や若手ナンバーワンの向井理君が演じます。これはすごく楽しみだと思うし、なんとかこれでさらなる飛躍をしてもらいたい。

若干心配をしているのは、江という人が、歴史的に決して知名度の高い人ではなくて、決して頭のいい人ではなかった淀君の妹ということで、歴史的に何かやったのかということがよくわかっていないということ。

篤姫の場合は、まず、幕府側に立って勝海舟と同様に江戸を火の海とさせなかったということにものすごい功績のあった女性でしたが、江は徳川秀忠の奥さんで徳川家光のお母さんだったということだけで、そういう女性を田渕さんがどういうシナリオを書くのか楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう