0 Shares

司馬遼太郎さんの秀吉への愛情がぎっしり詰まった「新史太閤記」

司馬遼太郎新史太閤記

僕は日本の歴史で一番偉い人は、豊臣秀吉だと思うんです。最下級の身分から関白になっちゃうというのは、単純にすごいと思うのです。その秀吉に対してたっぷりの愛情を司馬遼太郎さんが注いだ「新史太閤記」はものすごく面白い。司馬さんの戦国作品でも出色の出来だと思います。

天下統一までの秀吉

司馬さんの愛情というのはどういうものかというと、何かのコラムでもし歴史上の人物でこの人に仕えたいという人物は誰かといえば、それは天下を取るまでの秀吉に仕えたいと司馬さんは書いてます。確かに、秀吉は天下を取ると一気に人間自体が衰えてしまっていて、意味のない朝鮮に出兵をしたり、秀頼可愛さのあまり、養子の秀次を残虐非道な殺し方をしたりと、人として壊れちゃってるところがあります。
ところが、信長に仕えて、さんざんこき使われて、本能寺の変で天下取りのチャンスを掴み、そこから天下取りに邁進するところは、人間が頂点を極めるまでにあらゆる努力や苦悩があり、それを何とかつかみとるというところは、やはり人間として圧巻と言わざるを得ず、そのあたりを司馬さんが上手に書いています。

なぜ秀吉は将軍になれなかったのか

この本を読むと色々と勉強になるのですが、どうして秀吉は天下を取ったのに、過去の源頼朝とか足利将軍、あるいは徳川家のように将軍になれなかったのかという疑問が出てくると思うのです。この本を読むと、どうしてかということがわかるのです。ここでその答えを書きますと、征夷大将軍と言うのは朝廷から宣下されることになっていまして、その場合に源氏が初代の征夷大将軍になったということもあって、源氏を名乗るものではないと、征夷大将軍にはなれません。

一方秀吉は、当時から氏素性がはっきりしないということもあり、そこで将軍にはなれない。そのためどうしたかというと、信長が追放した足利義昭の養子になろうとするのですが、それは義昭に断られてだめになり、ここで秀吉の征夷大将軍になるという道が完全途絶えてしまった。

そこで、秀吉はどうしたかというと、藤原氏の養子になることで公卿として最高位である関白を狙って、関白となり、さらには朝廷に申請をして、「豊臣」という姓を賜ると言うことになり、結果この苗字で後世に知らしめると言うことになったわけですね。形式的には秀吉は公家となり、公家として武家の棟梁になったということになります。そこまで色々と大変だったようですが、そういうこともこの本に書かれています。

人物が出てきて楽しい本です

この本は秀吉の生涯を描いた本ですから、それはいろいろな人が出てきて面白いです。

  • 寧々
  • 織田信長
  • 蜂須賀小六
  • 竹中半兵衛
  • 黒田官兵衛
  • 明智光秀
  • 柴田勝家
  • 織田信雄
  • 徳川家康

などなどで、特に天下を完全に掌握をするときの徳川家康とのやりとりは、本当に天下取りは険しいねえと秀吉に対して同情してしまうし、それを成し遂げた秀吉の偉大さを改めて僕は感じるのです。

やはり秀吉は英雄だったんだと思う

それでも、天下をとるまでの爽快感は、素晴らしくて、僕は日本で最も偉大な英雄だと思います。一方で度を超えた女好きでも有名。しかもお嬢様好きということもあり、全く一緒の僕としては、これ以上親近感のある英雄はいないのです。

彼の場合、寧々という素晴らしい奥さんがいたわけですが、それ以外に淀君がいますね。この人は、織田信長の妹だったお市の方の娘です。秀吉にとってお嬢様というのは、公家とか高貴な家ではなくて、織田家に連なる人たち。だから、淀君を秀吉はすごく大事にします。結果的に豊臣家を滅ぼすのは、この淀君なのですが、それもなにか数奇な運命を感じます。

最後のシーンも良いです

とにかく、この本は、秀吉のことがよーく分かるし、秀吉の一番いい時期を書いてる本なので、彼のことが好きになる事受けあいです。

つゆと落ち つゆと消えにし我が身かな なにわのことも夢のまた夢

これ、秀吉の辞世の句です。いいうただと思います。

新史 太閤記(上)(新潮文庫)
新潮社 (2015-03-20)
売り上げランキング: 7,873

新史 太閤記(下)(新潮文庫)
新潮社 (2015-03-20)
売り上げランキング: 7,857

この記事が気に入ったら
いいね!しよう