0 Shares

本番

昨日は同窓会の本番。同窓会の本番と言っても、全校的なものなので、これは相当大変だったようだ。僕なんかは途中で2回位顔を出したくらいで、ほとんど邪魔してたのですが、昨日は同級生の結束力とリーダーシップで、さすがだなという感じでした。少なくとも機能的にしかもこのお金にも何もならないことを、みんな真剣に楽しくやってたと思うよ。


個人的には、高校2年の時にもののみごとにふられてしまい、それも他の男に目の前で取られるという事でもあったので、僕は自分自身が壊れそうになり、僕はそれまで弾いていたギターを弾くのをやめて、体を動かす、いじめることに全力をあげた。結局大学では本格的にスキーまでしてしまい、昨日も友人にスキーをしてたよと言っても誰も信じてくれなかった笑

結局、ぼくはYMさんとはNさんが橋渡しをしてくれて、やっと話をすることが出来た。

お互いにかつての友人と話すほうが忙しかったし、また、ちょこっと話をするだけで大騒ぎをするようなやつもいるので、あの程度で良かった。また、僕の今の境遇が最悪の時に再会出来たのはよかったし、僕なりにけじめをつけることが出来た。もう少し細かいことをいうと、この30年間僕にとって女の人が絡んでくるときには、好きでも嫌いでもないのに、彼女の存在が必ずあり、僕の中でずっとイメージが膨らんでた。ただ、一連のやり取りをしていく中で、器の小さい男の独り言を言わせてもらえば、俺をふった女よりも、今もっといい女をゲットしたんだぜということだ。これが僕の中で完璧に明確になった。

高校を卒業してからの30年間は、当然中学高校にいた時の月日よりも長くて、色々なことがあり、僕の場合は、結婚して離婚をし、会社を2回つくって2回ともダメにしてしまった。恐らくみんなも同じようなことがあったりしたんだろうけど、中学高校6年間の濃密で、ストレートだった時間が、30年たった今からみると実に甘美で、強烈なほど現実的であったりして、ところが、みんなと会うと一瞬にしてタイムスリップして、高校生に戻ってしまう。面白いね。今は酒を僕らは飲みますから、結局午前様になってしまった。ちょっと飲み過ぎたから、文章も変だ。

あと、面白かったのは、中学から一緒だったやつがいて、結構巨漢だったんだけど、30年後にあった彼は、もの凄く細くなっちゃった。実物?という感じでしたね。ちなみに僕はあの頃と比べると20キロ太った。

それと、素行が悪く上に上がれなかった奴も何人かきてて、楽しかったな。僕は、いわゆる不良と言われる人達とも仲が良かったし。

それにしても、今回のこの全校的な同窓会は、成功裡に終わったのは、実行委員会の協力。この結束力素晴らしい。本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう